Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

【ネパール旅】アンナプルナ入域のプーンヒルへ4泊5日のトレッキング!初日の出を山頂で

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

なますて!かじです。

今回はネパール旅のポカラでのアンナプルナ区域でのトレッキング!2016年12月30日~2017年1月2日の4日間の記録です。

 

目的地 プーンヒル(3198m)

ここに1月1日で2017年の初日の出を見る!それが1か月のインド・ネパール旅の一番の目的でした。

 

 

 

 

1日目

 

レイクサイドの宿shanti guest houseを7時半頃出ます。トレッキングの入り口ナヤプルまでのバスはバグルンバスチョークというレイクサイドより北にあり、歩くのは

厳しいのでそこまでバスで向かいます。朝からwhich bus is going to bus terminal?って聞きまくるの疲れた笑

 

無事バグルンバスチョークに着いてすぐナヤプルへのローカルバスに乗り込みます。本数は多め。ナヤプルまでの道で一時1500mほど登って、よっしゃスタート地点1500mか!とか歓喜してたらそのあとガーンと下り1000m程になってしまいました。

 

ナヤプルは普通の道端でした。適当に降りたあとネパール人と話しながらビレタンティまで行き、ACAPチェックポストで別れました。つかの間。誰かと話していると大体いつの間にか到着しています。

ヒレまでは3時間。乗合ジーブもありますがそんなチート手段選択肢にない。歩きます。

 

途中で韓国人のトレッカーと仲良くなりました。日本の名古屋に4年住んでて日本語喋れます。ネパール人に限らずそういう人最近よく会うのでびっくり。この方とは結局プーンヒルまでずっと一緒にトレッキングしたりロッジの部屋をシェアしました。

結局ヒレまでは1時間半か2時間ほどで到着!

飛ばしましたからね笑 飯食って30分歩いてからは、ウレリまで続く恐怖の約3600の石段。

地獄でしたね。ウレリまだかーー!ウレリまだかーー!って思いながら休憩を多めに挟みつつ登って行きました。終わりが見えないのは精神的に厳しい!

 

ヒレまでは所要3時間(地球の歩き方参照)を激早ペースで駆け抜けましたがこちらは地球の歩き方どおり1時間半かかりました。それでも他のトレッカーガンガン抜かしたんですけどね笑 

ウレリにて1日目は終わり!ホットシャワーを奇跡的に浴びることができ夜はダルパート3杯食べ明日に備えます笑

 

 

2日目

 

 

 

朝早め発!この日は900m位登るとはいえ前日に比べ楽です!

石段がたくさんあるわけでなくどちらかというと山の中をハイキングしましたね。ネパールの自然を肌に感じながらさくさく進みます。結果12時前にプーンヒルの玄関で、タダパニやシーカなどとも繋がっているゴレパニに12時前に着いてしまいました。

もう後は暇です。昼ごはん食べkindle読みながらグダグダ。あの時間まじ最高だったなぁー!インド旅行中はひたすら慌ただしかったのでゆっくりする時間全然取れなかったし。

この日は大晦日。普段なら家族と一緒に紅白歌合戦を見て除夜の鐘を聞くが、今回は2800m超の山の上。大晦日らしくほんの少し雪が降っていました。明日の朝は晴れて初日の出とアンナプルナをはっきり見れるといいな〜

 

 

 

3日目

 

 

1月1日!2017年あけましておめでとうございます!

 

いやまだ明けてません笑 朝5時起き暗いうちの6時前からプーンヒルまで残り300mほど石段を登ります。

 

朝のプーンヒルめちゃめちゃ寒いです。マイナスは絶対いってます。普段冬でも30度のタイに住んでいるのでこれは厳しい厳しい!

 

7時初日の出待ちます!2017年の初日の出!手は動かないし、ダウンジャケット着てるけどガクガクブルブル。寒すぎて充電が70%ほどあるスマホが2つとも電源が切れました。ご察しください。

はい!初日の出!やっと明けましておめでとうございます。

 

そしてアンナプルナ区域の山の数々!アンナプルナサウスですかね!

2016年10月頃にセメスターブレークに東アジア旅行しようと決めてから、1月1日にヒマラヤに囲まれながら初日の出をみると心に誓っていたので達成できてよかった!この為だけにインドに2回入国する効率の悪いルートを組んだのだから笑

 

 はいプーンヒルで初日の出を拝んだ後は下山!

 プーンヒルまで一緒に登ってきた韓国人の方はアンナプルナBC(ベースキャンプ)を目指すためここで別れます。

 

下山の際はタイで同じ留学先の友達とポカラ宿で出会った世界一周途中の日本人夫婦バックパッカーとインドやタイ中心に旅するバックパッカーと一緒におります。

 

さきも書いたけど誰かと話しながら歩くとすぐ目的地に着く気がします。普段自分と同じ年代の人としか喋らない僕にとっては話の中に新鮮味が多かったです。

ぶっちゃけ僕は留学生だし海外旅行中であってもあまり日本語使いたくないなって思ってたけど、日本人で深い会話をするならそれはそれで価値観を揺さぶられるような学びあるなって実感しましたね。

シーカもいつの間にか越え、いつの間にかタトパニに着きました。16時なので7時間ほど、朝も含めれば9時間近く歩いているんですか?びっくり

 

タトパニは温泉があります。水着なんてインドネパールバングラデシュ旅行でいらないと思ってたのでもちろんないので、パンツ一丁で入ります。疲れが癒えますね

 

男女混浴ですが、そこは誰も気にしていません。白のブリーフで大事なところ透けてるネパール人いて、さすがにアウトって思いました笑

 

夜トランプ楽しかったですね。インド人やネパール人の間で流行ってるトランプ。今後日本の友達と一緒にやりたいもの。まさか新年トランプしてるなんて。少しだけ正月っぽい?まったりした感じ好き

 

タトパニ星がめちゃめちゃ綺麗!もちろんプーンヒルの夜明け前もまじでプラネタリウムでした。

 

 

4日目

 

 

4日目は日本人バックパッカーらやタイ留学同じの友達と別れ、ポカラまでのバスがあるベニまでヒッチハイキングを画策します!

 

朝のタトパニから見えるアンナプルナの山々のどれかはすごくきれいでした

 

もともとタトパニからベニまでのバスに乗れるか保証できないことと、ヒッチハイキングをする絶好の機会だと思ったのが僕を動かします。

 

最初はなかなか見つからない。タクシーが多いんですよね。500ルピーって。払わねーよ笑

歩くこと1時間超。ティブリャンに着いた際、途中で無視されたジープを見つけます。運転手に話しかけたらもう人乗せられないって言われた諦めたんですが、会話の中で日本人って言ったら乗客の方が反応してきました。もしよかったら乗せてあげるよ?って。

 

ネパール人でしたが、彼らはいま日本に住んでいました。全員で6人。3人は日本に住んでおり、他3人は今カトマンズに住んでおり、今回はタカリ族の12年に一度の祭りのためにポカラに集ったとのこと。

本当にありがたかったです。僕を乗せてくれただけでなく、みかんを頂いたりなぜか昼食奢ってくださったり、ベニまでたどり着ければいいと思っていましたがポカラまで連れていってもらいました。その後のルンビニへのローカルバスのチケット取得も手伝ってくださいました。

 

もはや申し訳ないと感じてしまうレベル。タイのカオヤイのヒッチハイキングを思い出しました。ネパール人本当に優しい!揺るぎない。

 

 

まとめ

 毎年年越しは家族と一緒にテレビを見ながらが多かったですが、今回は今までの年末年始と全く違ったすごし方をしました。

 

まず初日の出!いままで1月1日に初日の出を家族で見に行ったことはない!(笑) 初の初日の出。2017年はいい年になってくれると確信しています。

 

ネパールの自然とネパール人の優しさにも存分に触れたり、まじでネパール最高だなって!!