Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

MEMORIES in THAILAND 2016/8-2017/7

Hello, Im KJ

I came back to japan 1 week ago.

Im gonna write my experience in Thailand

 

 

My 1 year started with terrible accident

 The beginning

I was very excited to study in Thailand in the remaining last 5 days in japan. Let's go! See you Japan. I was supposed to leave Japan on 8th August. However, I noticed at the check-in counter I forgot my passport at home.

 

Oh shit! I definitely freaked out. I cannot make it if I return my house or someone (father working on that day) bring it to airport cuz it took so long from my house to airport.

 

It's, of course, my first time to forget passport. My mind filled with regret and sadness. Eventually, I bought new ticket and next day left successfully

 

 

TU life officially began

Orientation

I was surprised to see so many Americans and few Chinese and Koreans than I expected. Before I used to think that Chinese students would conquer international university all over the world because of mass population.

 

I got so anxious about making friends because my English was very poor and have no confidence to talk kind of equally with native English speaker. Basically Asian got familiar with Asian easily for whatever reason that I am not capable of answering,

 

Now I realized that there are nothing to worry about too much but in those time it bothered me so much.

 

 

Waste it night

Three days later, the birthday of royal princess, I got so drunk at rooftop in 3J. This moment was with marina-san, former exchange student at TU two years ago, Nat etc.

 

What makes me surprised me is that Sakata-san, my senior in high school studied at TU as well. I’m from same town and same baseball club in high school, if i would go to Meiji Uni. I would have chased his life experience exactly lol I’m wondering why Nat know 'Japanese drink chanting(?)', it’s like Chug! Chug! Chug! Chug!?55 he is like Japanese more than Japanese I felt. I completely wasted it then imagine it lol

 

Ko Pan gan

I went to Ko Pangan with Japanese friend at TU and Janet, Taiwanese, and Imafuku-san, from same home uni to go to Half moon party. What makes me impressed was that it was like how freshman usually spend in uni.

 

They don’t have responsibility and vague anxiety about future... I felt like I am free from everything.

 

Second Floating Market

Talinchan Floating Market! The second time! My Thai buddy, Nam, invited me to the event group with puan kon Thai and Ankrit, Yipun. SNAPCHAT help us get closer to each other I think lol. I have Snapchat Account but never used it. In Japan cuz snapchat is seen as SNS for only 'Sweet' girls. Now most of my follower in Snapchat is them.

 

TIP SAMAI Khaosan

I went to eat at Tip Samai, which is sooo popular for local kon thai with ex-couple, Komomi, Conor, and Palm, Beer, kon thai. GUESS how many times I meet Konomi? Of course, Japan, Australia, when I studied for a month, Britain and France, when I travel part of Europe for a month TWICE lol, and then Thailand.

 

I think she could decide where she would travel from where I was. In Tip Samui, we bumped into my TU friends, Harriet, Azu, Elnora lol, after dinner, we went to Khaosan together and enjoyed Khaosan night.

 

Miracle of Khao Yai

the experience I feel Thai ppl are so kind, friendly

Most impressive experience in Thailand I felt Thai people is realllllllly kind. I went to Khao Yai National park with Nana instead Half marathon, which was postponed next year.

 

No transportation three inside Khao Yai national park except by car, so we found no way to explore. Then one car helped us and took us to the central of park and waterfall. The family, Japanese wife, Thai husband, cute children are all friendly. I was so grateful to them.

 

They planned to stay one night on camping at Khao Yai. I wanted to do that with them555

 

 

Paay, Chiang Mai, Loy Krathong Festival

I went to Paay, Chiang Mai. Exploring in Paay was one of the most exciting experiences. Although, I fell down and got my friend injured. I'd never driven motorbike even car in Japan. First time experience always makes me feel scared, worried, and internally excited.

 

Spicy Paay, the guesthouse we (Raku, Allison, Chikumi) stayed one night, was so cool. It's a tree house style building made from bamboo, surrounded by amazing nature. It's so Southeast Asia we imagine.

 

Loy Krathong festival was amazing! So variety of Krathong were floating to endless ceiling. It's like the scene seen in Disney movie 'Rapunzel'. During this festival, most of TU students were there to see it. It was a lot of fun to share the moment with them.

 

 

Alumni visit -the most shocking experience-

I visit OB (alumni) from same uni working at HR-related company (to be honest, Recruit) and 15 minutes later he said angrily to me "Go back to your house. It's totally waste of time" I could not manage a conversational ball with him. I got upset in conversations cuz I don't know how to fix our conversation at all

 

When I was told go back, I had been so shocked for a while and cried at home in the night a little55 Actually I felt I didn't know how I started taking to this people at all even now I won't be confident to do that even though everything about me is perfect

 

It's second alumni visit for me. My first time was with Sugano-san, alumni from same uni and same club, I have known before in alumni meeting in Japan. It was comfortable to have gorgeous sushi and make kind of serious talk. This shocking experience made me much stronger.

 

 

Birthday -3 ppl shared memorial day-

The unforgettable moment: my 21st birthday. I suddenly visited Khaosan. UCHIAGE party of Beginning Thai had been held after midnight, the moment I turned of age. I’d always stayed home in my life,so it's something new and special for me.  

 

AND what makes me SURPRISED most is like there were 3 people, Nur, Yanni, me who had birthday on 12/11. 3 people shared birthday in same place? Same classmate who took Beginning Thai? I've never seen those who has birthday on 12/11 except me! CRAZY!!

 

Then went back at 2-3? am, slept, woke up as usual. In the morning I was fiddling with Laptop as usual. I was supposed to stay home I mean canteen all day as usual (?)  Noa saved me from being a canteen boy even in birthday. I am so grateful to everyone, including Noa who celebrated in pizza raanaahan duay.

 

 

Muay Thai fighting

I was so excited to see Muay Thai Fighting cuz I've been staying in Thailand for already 6 months but never experienced seeing it. I just wrote about Muay Thai fighting

 

'Overwhelming describe how I felt exactly after that' then we headed to Siam and have dinner at Thai Italian restaurant and DESSERT at Korean dessert cafe Subling Siam.

 

I spent much money this day tho I desperately need to save money for traveling. This was last time to meet Arshene. I can't forget he hit on Japanese girls in Chiang Mai with words 'KAWAIINE, NAMAE NANI? ASOBOUYO' lol

 

 

Fight Against Uni

I fight against Thammasat University about course. I failed to take other faculty's course although I send the request about course registration much earlier but they got trouble satisfying my request, to put it simply.

 

BBA office (other faculty) continued 'seat is not available’ cuz it's filled up to 20 for exchange student, It can't be helped' without apology. I was so mad about this issue that I have done much complainant in Twitter

 

 

Kanchanaburi Trip

Kanchanaburi first trip in semester 2 with BBA friends, Yipuns. Around 8 people? Big group. In Kanchanaburi, famous bridge, the Bridge On The River Kwai. We were on railway to take best photo in front of train even when train approaches slowly.

 

Then it is announced that Next station is ... no. Next destination is Thai ancient town we can wear Thai traditional costume. It was like literally ancient town. We could pay with old currency and take umbrella. It was lots of fun for me as semester 2 trip. cuz of other trips are mostly solitary journey.

 

 

Filled with darkness -the most depressing moment-

From the end of February to middle of March I had been in darkness. During sport week (1 week holiday) I didn't plan to travel unlike everyone cuz I was supposed to do internship in some company that did not allow me to enjoy my holiday.

 

However it failed.  I could not do that. I was so irritated, upset, depressed, and I had nothing to do during sport week holiday. My fault was definitely watching INU YASYA, anime. I didn't expect it’s gonna be lasting until 180 episodes. Canteen boy always watching anime.

 

It's filled with darkness. Then after INU YASYA, I watched March comes in like a lion, Ano Hana, Hanasaku Iroha, your lie in April. Fucking addictive to anime during this period. I certainly intended to fulfill margin in my mind with Anime. It might be most depressing period since 2014, when I enroll University.

 

What I wanna tell most is; In Thailand, the feeling always penetrated my mind; 'I have to do something every time, every moment'. This encouraged me to have various experience in Thailand.

 

On the other hand, this turns bad if I have nothing to do or lost something new. During this period, so addictive to anime, reluctant to study TU course, passive to communicate with friends.

 

 

Songkran festival

Songkran is one of Thailand's most famous festival. This water festival marks the beginning of traditional Thai New Year. We celebrated New Year by shooting water to everyone. We can be wet while I was outside in Khaosan, Silom, RCB Club. I went to RCA, Bangkok famous club with Walid, Ri Ri etc and got drenched with much water. Some people were so nasty enough to put a bucket of water on my head in dancing & talking with my friends. We enjoyed Songkran like crazy.

 

 

Presentation 1 hour -remainded HGP I took before in Hitotsubashi-

Kevin's class, Foreign policy of South Asia countries, I presented about India's Pakistan's foreign policy with West Asia for 1 hour and half, including Q&A time as one of three presenter. I mean I talked for 20 minutes about why India viewed Pakistan and Afghanistan as strategic depth etc.

 

It reminded me of my experience that I presented for more than 20 minutes in Hitotsubashi Global Program and can't do without English script a year ago. In this time, English script on paper was not prepared. Am I better than what I used to be a year ago? I am just wondering.

 

With Group member, I got along individually I think. Ate sushi with Kids in last semester, Drunk at rooftop bar with Kimbery and so on, have dinner in group 'Girls who love alone', Haruna, Kotomi. Moreover, I talked with Kevin much in 3J whenever I have something to say.    

 

 

COLD PLAY LIVE

Coldplay came to Thailand fortunately when I was in BKK. I love Coldplay's music so much. Their music is like rock music but sort of different from other rock band. Is it more sensitive? I don't know how to describe it. SO AMAZING.

 

We, the audience were able to interact with with Coldplay by lighting LED wristband. Various colorful lights were created during their music. Looking back from stage, I realized I was surrounded with beautiful view produced by all audience. So moved.

 

I felt happy to be here with comfortable sound and awesome lyrics and beautiful view with LED wristband. I headed to stadium with Ace, his friends, and dumped into Lea at standing B. It was a lot of fun.

 

 

Labor relation seminar -Internship days-

I participated in Labor and industry relations workshop on the purpose of Networking for my company I worked. It was spoken by Japanese and Thai so Most Thai potential customer phuut pasa Angrit may daay.

 

I remember the day I tried so hard to talk to them in simple Thai like 'Ko to khrap? Phom maa chaa ○○ '

 

 

I Missed final exam

I couldn't make it to take final exam on that day. Wake up late? No. During exam I was studying in 3J canteen. Why I missed the exam? I mixed up exam schedule I just thought I was supposed to take it in the morning, but it was done in the morning.

 

It's totally my fault I didn't make sure exam schedule posted in Facebook. I freaked out to hear that students had been struggling in the morning. Eventually I've got opportunity to take it again next week after negotiation with BMIR office and Ajarn

 

Busy to the death -FINAL exam-

6/8 and 6/9 killed me with lots of task mainly final paper. I have 2 final paper and final exam this week it can't be tough if I don't spend most of time all day doing other.

 

However, I did internship for 4 days a week. I wake up at 6:30 and leave my apartment at 7:30 and work from 9:00 to 18:00 and Krap baan at 19:30 and then I've got time to study for final paper and exam. 6/11 week doesn't give me lot of sleep. It's just 3-4 hours

 

I have only to stay awake until morning on 6/8. On 6/9 I completed my course at TU. I have both; i got relieved and sad. When I realize I can't study at TU any more and finished my TU life in Thailand. I got so sad with feeling 'I am not a student in Thailand'

 

 

semester 1 travel -Singapore, Laos, Vietnam-

My travel destinations in first semester (outside Thailand) are Vietnam (again) alone, Singapore with Yuto, Lea, Laos with Nao, Cambodia with Yuto.

 

Semester2 travel -Brunei, Malaysia, Myanmar, South Korea-

 My travel destinations (outside Thailand) in second semester are Brunei, Malaysia, Myanmar. I am so grateful to Everyone I met there like Hazirah in Brunei, Sya in Malaysia, Ri Ri, Thee, Ye Min in Myanmar.

 

I recommend going to Nepal, my favorite country. At first, Nepali people are so kind. When I did homestay in local district and tried hitchhiking in Pokhara, They always took care of me. Second, nature in Nepal is so wonderful. The view from top of mountain in Pokhara gave me inner peace. I was surrounded with Himalaya, over 7000m. It was an unforgettable scenery  in my life.

 

Three cities will be answered whenever someone ask 'What is your favorite city in Southeast Asia?' Paay, Thailand, Georgia town, Penang, Malaysia, Hoi An, Vietnam. What makes us interested in Penang? Wall painting can be seen in the street. I can't wait to explore in Georgia town to look for painting during my stay in Penang.

 

Conclusion

well... I cannot finish well. cannot describe how I feel about exchange life well

It was a lot of fun!

I treasure my experience in Thailand forever

リーダーシップは全員に必要!伊賀泰代『採用基準』の考えるリーダーシップとは?

こんにちはかじです。今回は伊賀泰代『採用基準』のブックレビュー!本文からの引用をかなり織り交ぜながら紹介します。

 

 

なぜ『採用基準』を読むことにしたか

  •  ネットでよくおすすめされていたから
  • タイトルが就活チックでささったから

先に言うと、『採用基準』は就活指南本では一切ありません。(マッキンゼー志望者を除く)就活の面接のノウハウなどが直接書いているわけではないです。

 

もし就活指南本を探しているのであれば、就活?コンサルタントの廣田さんの書いた『新卒採用基準ー面接官はここを見ている』を読めばいいと思います。特に志望業界のしぼり方や自己PRの決め方などがロジカルに要素を分解して凄くわかりやすく紹介されています。

 

 

 本書の目的

「これからの時代にグローバルビジネスの前線で求められるには、どのような資質をもった人なのか」という点、ならびに、「日本ではなぜそれらの資質が正しく理解されていないのか」という根本的な原因を究明することです。

 

結論からいうと これからの時代にグローバルビジネスの前線で求められるのはリーダーシップを持つ人で、なぜ日本においてリーダーシップが軽んじられていたかを日本人が抱くリーダーシップに対する誤解を絡ませながら語っています。

 

目次というか概要をざっと

  • 採用基準に関する誤解とは?
  • リーダシップとは?
  • リーダーシップの誤解とは?
  • リーダーの4つ役割とは?
最後編集後記に「編集者からマッキンゼーほめすぎでしょといわれた」って書かれていますが、伊賀泰代(ちきりん)のマッキンゼーに対する愛を感じます。
 
伊賀泰代さんの時代よりもグローバルプレゼンスが拡大した今のマッキンゼーはup or outなど素晴らしい文化のあるいい会社かもしれませんが雲の上の存在であり、一般人にはこの愛はあまり共感が生まれにくい(笑)
 
 

採用基準に関する誤解とは?

ケース面接に対する誤解

何よりも面接担当者が知りたいのは「その候補者がどれだけ考えることが好きなのか」、そして「どんな考え方をする人か」という点です。
 地頭がいい方が就活に有利だという意見に切り込んでいます。
 

分析が得意な人を求めているという誤解

最もインテリジェントだと思われているのは、処方箋を書くための、構築型の能力がある人です。
 
構築型の能力とは、「独自性があり、実現した時のインパクトが極めて大きな仮説を立てる能力」(仮説構築力)であり、「ゼロから、新しい提案の全体像を描く構想力や設計力」です
 
論理的思考力があるべきだといわれることに切り込んでいます。普段論文で仮説を立て実証することに慣れている理系院生などはこの仮説構築力高いのかもしれません。マッキンゼーBCGも理系院生の内定がほぼ半分以上とか聞きますしね。
 
また、新規事業を作る時に直面するような0→1のフェーズに直面する時に発揮する機会が多い能力かもしれません。そう考えるとクリエイティビティともいえるのかな?

 

 

リーダーシップに対する考え方

 リーダーシップは成果とリンクしている!

リーダーシップのある人は、「成果を出すこと」を「自説が採用されること」よりも優先します。

 

本来のリーダーとは、「チームの使命を達成するために、必要なことをやる人」です

 
成果を出すというと抽象的ですが、それはいわば目標を達成することと同義です。つまりリーダーシップを発揮できる人っていうのは目標を見て(目標をチームに共有するならなおよい)それを達成するために何をするべきか考え行動・意見を発信できる人ということになります。
 
 

リーダーは組織に1人いればいいわけじゃない

日本人の多くは「リーダーは、ひとつの組織に一人か二人いいもの」と考えています。
「リーダーは、ひとつの組織に一人か二人いいもの」というのは言い換えると、「ポジションが上の人が唯一のリーダーである」というもの。会社を例にすると、部長がリーダーでその他はフォロワー(リーダーでない)という関係が暗黙の了解で共有され、平社員がリーダーシップを発揮する機会を奪っているのです。
 

 

しかし、全員がリーダーシップをもつ組織は、一部の人だけがリーダーシップをもつ組織より、圧倒的に高い成果を出しやすいのです。
これは当然の話ですよね。1+1→3を作り出すにはこれの構成員(先ほどの数字における1)がリーダーシップを発揮しかつチームで何かしらのイノベーションを起こさないとならないのです。 
 
 

リーダーがなすべき四つのタスク

  • 目標を掲げる
  • 先頭を走る
  • 決める
  • 伝える

 

 

 リーダーとは、たとえば十分な情報が揃っていなくても、たとえ十分に検討する時間が足りていなくても、決めるべきに決めることができる人
上記は「決める」章より抜粋
 

「目標を掲げる」って意識うすかったな

「先頭を走る」「決める」「伝える」などは当然のものとして思えた一方で、「目標を掲げる」のだと章にかかれているを最初に目にしたときは、新鮮な感覚をもちました。きっと私の中であまり意識がなかったからでしょうね笑
 
リーダーってのは置かれた状況次第で誰にもなる機会があるけど、カリスマリーダーになれるかなれないかってきっと「目標を掲げているか否か」と深く関係するんじゃないかなと。
 
 

いろんな「伝え方」

「伝える」ということに関しては、歴史的名著であるD・カーネギーの『人を動かす』の方を読んだ方がわかると思います。(どちらかというとフォロワーを前提としたリーダーシップについてですが)
 
ネタバレすると、 重層感を持たしたり褒めたり期待したりすることが相手をモチベーションを高めたり、別の場面でいえば営業で商談を成功されやすくなると書いてあります。論を補強する例が海外であるため具体例はつまらないですがThesis statementははっきりしています。
 
 

私が今まで持っていたリーダー論

サーバントリーダーとトップダウンリーダー

私は今までリーダーとは、フォロワーとの関係を前提とした上に存在するものだと認識していました。
 
リーダー・フォロワーを前提としたリーダーには、主に2種類あります。
  • サーバントリーダー 
  • トップダウンリーダー
 
サーバントリーダーは奉仕型のリーダーシップを発揮し、いわばフォロワーに奉仕する、ミッション・ゴールを共有した上で支えることで組織の率いるリーダーです。 『サーバントリーダーシップ入門』はサーバントリーダーの考え方を紹介した代表的なビジネス書です。

一方トップダウンリーダーは、トップダウンという言葉から連想できるように強力なリーダーシップを発揮しフォロワーとしての部下を引っ張るリーダーです。
 
京セラの稲盛和夫などはビジネスマンとしてリーダーシップに優れトップダウンリーダーといえるのではないでしょうか? 『燃える闘魂』は稲盛和夫のビジネスへの考え方・向き合い方を紹介しています。
 

フォロワー・リーダーという考え方自体は否定しないし、大企業でも一般的な組織構造として定着しているとは思いますが、ちきりんのリーダーへの考え方は私の視野を広げました。
 
ちきりん曰く

 

なぜ日本では、リーダーが雑用係になってしまうのでしょう?
 
その理由は、日本人が「リーダーは組織に一人いればいい」と考えているからです。「一人のリーダーが、組織運営に必要なことを全てやるべきだ」と考えているから、リーダーは、本来求められる責務に加え、雑務に加え、雑用まで全てを担当させられるのです。
 
私も
今までフォロワーを前提としたリーダーがあるべきリーダー像と見ていた為か、 「リーダーは組織に一人いればいい」という思考にいつの間にか陥っている時があったような気がします。
 
 

大学のグループワークとかモチベ様々だから典型だよね

代表例を挙げるなら、
大学授業のグループワーク
グループワークにも互いの役割(リーダーなど)を決めるものもあれば決めないものもある。今回はリーダーを決めるグループワークということで。
 
勿論その授業に対するモチベーションの程度も大きく影響するのですが、興味関心が低い授業のグループワークでリーダーが別の人となると「リーダーは組織に一人いればいい」という思考から最終的にリーダーに一任することがありました。
 
大学一年生の時の情報基礎のグループワークなどは、大学2年生がグループに居たのでほぼ必然的に彼がリーダーになり、私は全くグループ内でリーダーシップを発揮することがなく、そのリーダーも授業に対するモチベーションも低かったのでチームビルディングは崩壊していました(笑)
 
なんだかんだ最終プレゼンはまとめ上げさほど悪くない評価だったのですが(笑)
 
勿論逆に私がリーダーになったことで、リーダーだから「任された」ということもあります。その場合は先ほどと立場を逆転し、私以外のグループメンバーが「リーダーは組織に一人いればいい」という思考に陥っていたと思います。
 
 

もはやリーダーシップって口にすることへのハードル下げようぜ

ちきりんの採用基準からの一番の学びは
  • リーダーシップは全員に必要であること
  • リーダーは組織に一人いればいいという考え方は間違っていること
です。(2つは同じ笑)
 
私自身の中でリーダー・リーダーシップに対する基準を高くしてしまっていたのです
典型的日本人の私がリーダーシップという言葉を聞いた時に、恐れ多く感じてしまうのです。
 
仮に誰か(私でもいい)が「リーダーシップを発揮した」と口にすれば本書に述べられているように、「自分の意見ばかり主張する強引な人」「他人の指示ばかりして、自分は手を動かさない人」といったネガティブなイメージをもたれがち。そしてそればリーダーシップという言葉を日常の中でつかうことを憚るようになるのではないか。
 
日本人のリーダーシップの概念は「特別なもの」、リーダーとは「特別な人」とあり、ハードルを上げすぎている気がしました。
 
今私にとってリーダーシップとはざっくりまとめると「人を巻き込み意思決定する力」と思っています。
 
この考えに基づくとするなら、友達誘ってパーティーしようというのもきっと「リーダーシップを発揮している」といえるのもかもしれない。そのくらい本来誰でも発揮したことがあるものでしょう。
 
自分が何かやりたいと思う、そしてそのやりたいことを周りの人とともに実現する。それだけでリーダーシップって言っていい気がします。基準を超下げるくらいしないと。
 
*余談
リーダーシップの定義で一番しっくりくる考え方を紹介します。それはさきほどちらっと紹介した廣田さんの著書『新卒採用基準ー面接官はここを見ている』にある、リーダーシップとは 「社会人基礎力」に挙げられている能力要素すべて持ち合わせて、初めて発揮される能力 という考えです。
 
社会人基礎力って?

  • 前に踏み出す力(アクション)…主体性・働きかけ力・実行力
  • 考え抜く力(シンキング)…課題発見力・計画力・創造力
  • チームで働く力(チームワーク)…発信力・傾聴力・柔軟性・情況把握力・規律性・ストレスコントロール力
 
経産省が元々定義した『社会人基礎力』。国からのお墨付きは強いぞ!
 
伊賀泰代(ちきりん)は本書で「ああ日本の政府がつくった社会人基礎力の中にリーダシップが入っていないじゃん。日本マジやべーぞ」と書いていましたが、リーダーシップが軽んじられたというより、廣田さんの考えのように12項目すべてがリーダーシップに必要だという意見のほうがしっくりきますね私としては。
 
 

本の学びを今後にどう活かすか?

リーダーは組織に一人いればいいという考えは完全に捨て、例えオフィシャルなリーダーが役職としていたとしても、
 

メンバー全員が「自分もまたこのチームのリーダーである。個別メンバーとして成果を出すことはもちろん、チーム全体の意見をまとめ上げ、チームとしての結束力を高めることもまた、自分の責務である」と意識する必要があります。リーダーと数人のフォロワーで構成されているチームよりも複数のリーダーで構成されているチームの方が遥かに生産性が高いのです。

こうあるべきですね! 

 

GDでリーダーシップとは?って問われそうだ!

その「採用基準」のリーダーシップ論の箇所を読み進めながら思い浮かべていたことがあります。
 
それは就活の「グループディスカッション」
 
通常グルーディスカッションでは、最初に役割(司会、書記、タイムキーパーなど)を決めるという話を聞きます。まだGDを体験したことがないので実態は掴めていません。
 
*後日談
GDで役割を決める必要はないと結論付けました。(書記は除く、自然な流れで書記は決まるべき)役割を表だって決めるGDはクソGDです。
 
 
日本人の発想に基づくとリーダーは司会であり、司会が終始議論をリードしメンバーの意見を最後に集約するものだという認識があります。私も、就活のグルーディスカッションにおける司会はいわゆるリーダーのように振る舞うことが求められるものではないかと予想しています。
 
ちきりんの考えるリーダーシップ論、皆がリーダーという考え方に触れてしまった私。「リーダーは組織に一人いればいい」という考えももつメンバーとグルーディスカッションをすることになった時、議論上で衝突が生まれるのではないかと不安です。
 
就活をしている同期からは「頭が悪い◯◯大の奴がグルーディスカッションで議論を引っ張ろうとしてGDクラッシャーになっててうざい」という話を聞いたりします。
 
やったことないのでわからないというのが本音です。グルーディスカッションを経てリーダーシップに対しての考えは変化したか否かといった事も出来たらまとめてみたいです。
 
 

まとめ

何度も言及しますが
この本からの学びは
「リーダーシップは全員に必要であること」(=リーダーは組織に一人いればいいという考え方は間違っている)です。
 
マッキンゼーの採用基準は正直参考になりません。常人がいける企業ではないですから。だから「採用基準」と如何にも就活を匂わすキーワードを使ってるが、就活指南書では一切ありません。しかしリーダーシップの考え方は非常に参考になりました
 
読み進めながら今までリーダーシップを発揮できていたかなど自身の経験と紐づけながら読むことができるため、ちきりんの指摘が胸に突き刺さったりするので印象に残る1冊になるはず。おすすめ!
 

好奇心と冒険心とぬくもりが私が海外旅行に魅せられてハマる原動力だ!

こんにちは!かじです。今回は海外旅行にはまる理由について。海外旅行、主にヨーロッパと東南アジアに沢山旅行してきましたが、なぜこんなにも好きなのかを掘り下げてみることにしました。 続きを読む

大学生の私が好きなアニメ25選!日常系中心に!【おすすめ】【ランキング形式】

 こんにちは!かじです。
今回は私の好きなアニメを25個ほど紹介します。
 
先に行っておくと
  • SF系やファンタジー系よりも日常系が好き
  • 田舎が舞台なアニメは好き
  • ゆるふわ系が好き
  • PAWORKSオリジナル作品の作画や世界観が好き
 
一概には全く言えませんが全体的な傾向として上記のことがいえます。昔からマンガ等でなじみがある・友達からおすすめされたといったアニメは日常系でないのもあったり。
 

【マレーシア旅】独創的なストリートアートを探しにペナン島・ジョージタウンを街歩き! おすすめ料理も

こんにちはかじです。

今回はマレーシアのペナン島への旅行の話。ストリートアートや3Dトリックアートなど東南アジアのアートの街としての側面を中心に紹介します。

 

 

まずペナン島って?

ペナン島は観光地&リゾートの二つの魅力を持っています。

 

リゾートの魅力としてパトゥ・フェリンギなど北部にビーチが集中しており、ビーチ大好き欧米人はたくさんいることでしょう。聞いた話によると海自体はそんな綺麗じゃないらしい。タイの島々の方が絶対いいんだろうなぁ〜!

 

観光地としての魅力は、まずマラッカとともにマレーシアの世界遺産に登録されているジョージタウン。中国の様式やヨーロッパの様式が混じり合ったり文化の融合が見られるうえに、あとで詳しく紹介するストリートアートが至る所にある素敵な観光地です。

 

それ以外ですと、ペナン島のほぼ中心にあるペナンヒル、その麓にあるマレーシア最大の仏教寺院であるケッ・ロク・シ(極楽寺)、北西にあるペナン国立公園などが観光地として有名ですかね

 

 

ジョージタウン観光の見どころ

  •  コーンウォリス要塞
  • クーコンシー(中国寺院)
  • ペナン・プラナカン・マンション
  • カピタン・クリン・モスク
  • チョンファツィ・マンション(ブルーマンション)

 

観光スポットは以上の通りです。今回は訪れていないので詳しく知りたい方は地球の歩き方か別の人が書いた記事をご参照してください。

 

以下今回のメインであるジョージタウンのストリートアートを紹介します。

 

独創的なストリートアートの数々!

 

 ペナン島のジョージタウンの町中には様々なアートが存在します。まずその一つ目はストリートアート(ウォールアート)!壁に絵が描かれているだけのものもあれば、その壁にリアルの物体をおきトリックアートのように見せているものもあります。

 

ストリートアート自体は50以上もあり全ては紹介しきれないので有名どころを中心に

 

作品名「Brother&Sister」私がジョージタウンで発見したストリートアートで一番のお気に入り!

 

子供達は壁にかかれた絵で、自転車と籠は実物です。写真だけ見ると子供たちの手が窓からはみ出ているように錯視しますよね。

 

 作品名「Kids on Bicycle」続いてはペナン島のストリートアートで最も有名な作品。朝と夕方2度このアートがある道を通りましたが、毎回自転車に座るポーズで写真を撮る観光客が数人います。

 

 

 作品名「Old Motorbike」これは「Kids on Bicycle」の次に有名な作品かも。自転車の「Kids on Bicycle」に対してバイクの「Old Motorbike」.同様にバイクに乗り写真を撮る観光客が多いです。

 

 作品名「Brother& Sister on a Swing」ブランコは壁に備え付けられています。もう片方の台に乗り写真を撮りたいですね。

 

 作品名「Boy on Chair」必死に本を取ろうと手を伸ばす少年。がんばれ!あとすこしだ!

 

 

左下:作品名「Lion Dance」

右上:作品名「Love me like your Fortune Cat」

 

ミニオンズかわいい!私は別の場所で違った格好をしているミニオンズを発見しました。猫やライオンなど動物が描かれているのもあるし、上のように何かを口にしようとしている男性、バスケをする子供達など人が描かれているのもあり、本当に多種多様

 

紹介したストリートアート(壁画)の有名作品はジョージタウンのホテル・ゲストハウスに置かれているマップを見れば、どこにあるか把握できます。

 

 

 針金ハートも!

 

 壁画のほかに針金を用いたアート作品もジョージタウンに多数存在します。

 

世界史や日本史に記載されている風刺画を思い出しました。書かれているのは何気ない日常を切り取った光景です。英語が筆記体のように書かれていて解読に時間がかかりました(笑)

 

 最後は壁画でも針金アートでもありませんが私が発見し気に入ったストリートアートを紹介!まるで自転車を改造したような。bicycle catかわいい!

 

 ストリートアート以外にもジョージタウンにはアートがたくさん!

 

 Upside Down Musiumで逆さまになろう

 

上の写真の看板を見て頂ければお分かりの通り、全てが逆さまに表示されています。入場料は16リンギ!

 

各スポットごとにスタッフがおり、写真の角度・逆さまにした際の見え方・ポーズを熟知しているスタッフの指示のもと写真を撮ります。

 

ただ天井からぶら下がっている棒を握り写真を撮り、それを逆さにすると、ベッドの淵でまさかの倒立(笑) スパーダーマンのように天井にほぼ張り付いている写真や天井から逆さに移動する動画も撮りました。

私は一人旅でペナン島には友達がいなかったので一人で来ましたが流石に寂しくなります。複数で来るのが最も楽しい方法でしょう!私の前の8人ほどのグループで終始にぎやかな雰囲気でした。

 

場所はキムバリー通りにあります。

 

3Dアートカフェでまったり

 

 街歩きをしていたら偶然発見したおしゃれなカフェ。このカフェの特徴は3Dのように浮き上がるラテアート(笑)

 

15リンギとカフェで一杯を注文するには明らかに割高ですがこれは興味がわきました。飲みたいという衝動よりも、写真撮ってインスタグラムにアップしたいという衝動にかられました(女の子かよ)

 

*旅行時から1週間たった4月26日現在投稿しておりません

 

どうやって浮かび上がらせているのか不思議で不思議でたまらない!単なるクリームではないことは一口目に瞬時にわかるのですが。時間が経ったら溶けてしまうというアイスのようなことは起こらず数分3Dを維持し続けます。

 

3Dラテアートを抜きにしても普通に安らぎを与えてくれるおしゃれなカフェなので超おすすめ!

 

 

 

3Dトリックアートミュージアムも至る所にある

 

ペナン島ジョージタウンではトリックアートと書かれた場所が至る所にあります。ストリートアート自体もトリックアートのようですが、3D Trick Art Museumではより「体験すること」に重きが置かれているのでしょう。

 

日本のトリックアートのように動物にエサをあげたり、サメに食われそうなトリックアートがあるようです。

 

以下の地図ではジョージタウンで一番有名な3D Trick Art Museumの位置情報です。写真の3D Trick Art Museumとは異なります。

 

 

おすすめ食事スポットとおすすめ料理!

 ペナン島は観光都市とだけ思っていました。でも事前リサーチ・及び現地の屋台やレストランでメニュー・味を知り確信したことがあります。

 

ペナン島は料理の種類が豊富で、かつ海の幸を含んだスープのヌードルなど料理がうますぎる。食が充実しすぎ!2日のみ滞在しましたが全然食べつくすことはできませんでした。またいつかいく!

 

次にペナン島のおすすめ食事スポット紹介します。

 

レッドガーデン(Red Garden)

 

ジョージタウンのゲストハウスが密集するチェリア通りから徒歩圏内であり、観光客が最も行きやすい場所でしょう。

 

昼間は営業していませんでしたが、夜は欧米の観光客を中心に盛況でした。基本的にはRed Gardenは屋台が密集しているスペースで、観光客は屋台で食べたい料理を注文し中心にあるテーブルで頂くという形式。

 

私は旅先で1人でビールも寂しいので注文しませんでしたが、至る所にスタッフがいるのでビールを注文すれば即座にテーブルに運ばれます。欧米人は注文しがち。特に年齢結構いっているデブ

 

 

 

カーニードライブ(Gurney Drive)

 ジョージタウンの中心地から1.5~2kmほどの距離を西に行った場所にあるお食事スポット。今回行く時間はありませんが、他のブログを見る限りレッドガーデンと似た雰囲気のようでした。

 

 

 

続いておすすめ料理

福建麺などシーフード味のヌードルが美味い

レッドガーデンで頂いた福建麺(ホッケンミー)

エビのだしがすごく効いていてうまい。辛味噌?をいれ味により深くなる。

 

牡蠣麺と標記されていたこの料理。上の料理と違いスープはなく焼きそばのように見えますが、美味しい!東南アジアの屋台で牡蠣は少し危険かもしれませんがタイに住んでいるので躊躇なし(笑)

 

滞在期間少なくて同じ系統の他の美味しそうな料理食べれていないです。

  • 咖哩面(カレーミー)
  • 云吞面(ワンタンミー)
  • 爪哇麺(ジャワミー)

などあります。私が食べた福建麺などは5~6リンギと激安の屋台ほどではありませんが150円弱と日本人の感覚から言ったら安すぎます。

 

咖哩面(カレーミー)は値段が少し高いようでした。咖哩面(カレーミー)まではしごしようとしたら店が8時手前なのに閉じていました。残念

 

 

好み分かれるラクサ

 

 好きな人と嫌いな人が分かれると他のブログに書かれていたラクサ。

 

私は嫌いでした。味がいけ好かない。辛酸っぱいのかな。タイのトムヤンクンも最初頂いたときに相当まずくて体が受け付けませんでしたが同じ類でしょうか?
*タイ留学中にトムヤンクンの味は克服しました。
 
 

ペナン観光まとめ

独創的なトリックアートの数々。今なおその数は増えているそうです。
ヨーロッパよりもっともっと芸術的な都市見つけちゃった(笑)
 
東南アジアではタイ・パイとベトナム・ホイアンが好きな都市として挙げていますが、それに匹敵するレベルで気に入りました。
 
友達といって楽しかったパイやインターンしていて思い入れがありベトナム人友達もいるホイアンに比べ、今回ペナン旅は一人なのでバイアスを抜けばダントツ1位かも!?
 
4月というかなり暑い時期にペナン島で街歩きをしましたが、至る所にあるストリートアートのおかげで全然に気にならなかったし一日中楽しめました(笑)
 
クアラルンプールから離れているのでバックパッカーしか基本来ないかもしれませんが、これは皆におすすめしたい!ペナン島ジョージタウン素敵ですよ~
 
ではでは

【マレーシア旅】マラッカ日帰り観光でオランダ気分を味わう。KLからの行き方も紹介

こんにちはかじです。

マレーシア旅(クアラルンプール・マラッカ・ペナン)を留学中の1週間のホリデーを使いしました。マラッカ観光を振り返ります。

 

 

クアラルンプールから日帰り観光をする

 日帰り観光の方法は基本的に2通り

  • KLのTBSバスターミナルから2時間バスに乗る
  • KLから電車でマラッカ最寄りのTampinに1時間かけていき、マラッカまで1時間かけ移動

 

2番目の方法は旅行者には面倒くさいので基本バス移動によるマラッカ1日観光がいいでしょう。

 

 

 クアラルンプールからTBSへ

 クアラルンプールからだとまずKLの中心駅KL centralからKLMコミューター(セレンバンライン)かKLMトランジットに乗り、TBSバスステーションがあるBandar Tasik Selatenで降ります。所要確か30分弱だった気がします。

 

KLMコミューターの方が主要なラインなので本数が多い気がしますが、私がマラッカ観光した日の朝は電車が1時間に1本しかなくかなり待たされました。KLからTBSバスターミナルに早く行きたい場合は、タクシーも選択肢の一つでしょう。帰り使いましたが20リンギ(約500円)と距離を考えたら安いです。15分程度でした。

 

 

TBSからマラッカへ

 TBSバスターミナルは比較的最近できたバスターミナルなので目新しい!

Ticket Counterが至る所にあるので何処でもいいので並びましょう。

 

バス会社は異常なほどありますがこのTicket Counterで一括で扱っているそうでチケット発券が楽でした。

 

ちなみにマラッカバスターミナルではバス会社ごとのチケットカウンターとなっているのでバス会社にこだわりがない場合は面倒くさいです。

 

KCLLというバス会社のバスを行きに利用しました。多くの日本人旅行者に愛用されているようです笑 他のバスよりも綺麗で座席が広く快適に2時間過ごせるぶん13リンギします(最安値は10リンギ)

 

マラッカバスターミナルに着いたら必ず帰りのチケットを購入しましょう。私は帰りのバスチケットを観光した後の16時以降としたところ多くのバスが満席でかなり困りました。

 

偶々私が旅行した日が多くの観光客で賑わっていた可能性はないとは言えませんが、できる限りリスクは減らしておいたほうが無難ですよ。

 

 

マラッカバスターミナルから市内へ

 マラッカバスターミナルからはタクシーかバス(頑張りたい人は歩き)です。

 

タクシーは帰りマラッカ市内からバスターミナルに向かう際に利用しましたが15分20RM(リンギ)で、一方バスは20〜30分1.50RMで17番乗り場から発車します。

 

行きはバスが全然こなかったのでマラッカ市内まで歩くことにしました。30分以上でくそ暑いので全くオススメしません。

 

 

マラッカの見どころ

  •  オランダ広場(スタダイス、サンチャゴ砦)
  • チャイナタウン

 

オランダ広場

 

オランダに植民地支配されていた過去があるマラッカ。市内の中心オランダ広場にはその名の通りオランダにいるような感覚を味わいます。建物が赤いのはオランダなのでしょうか?(オランダに行ったことない)

 

オランダ広場の丘の上から海の方面を見ると、ヨーロッパに見られるような規則的に並んだ住宅が見られるんです。東南アジアっぽくなくて素敵。

 

スタダイスはマラッカのシンボルで、スタダイスの前にあるI LOVE マラッカの文字とともに写真に収める観光客多数!

 

 

サンチャゴ砦はスタダイスとは反対側にある岩です。マラッカ2番目のシンボルらしいですがあまり観光客が写真を取りに集まっている印象はありませんでした。

 

私は時間が限られていたこととオランダ広場で満足したこともあり行きませんでしたが、時間に余裕がある方は規則的に並んだ住宅の方面まで散策してみるのもいいでしょう。

マラッカのトゥクトゥクw キティーちゃんとおじさんの相性の悪さw 

 

 

チャイナタウン

 KLにもタイバンコク、シンガポールにもあるチャイナタウン。中国の影響力の強さを思い知りますよね。

普通のチャイナタウン同様に雑貨屋・レストランやカフェが立ち並んでいます。

 

宇多田ヒカルのFirst Loveが流れているファッションショップがありふと立ち止まってしまいました。あとは、日本っぽいカフェ「茶の道」をH&Mの向かいに発見しました。

 

 

 おすすめの料理

 ここでオススメのレストラン(お食事処)を紹介します。

 

その名も海南鶏飯団

オランダ広場からチャイナタウンに向かって歩いてすぐのところにあるんですが、人気なのでお昼の時間は行列ができていてすぐ発見できます。

 

この店の特徴はボール形のチキンライス。チキンライスはシンガポール料理ですよね。ここマラッカだとライスのほうがなぜかボールの形状をしてします。

 

チキンの味は中華料理風のテーストで美味しい。ご飯はもちもちと。正しい食べ方は知りませんが、チキンと辛ソースをご飯につけ食べました。26RM(約625円)とマレーシアのランチとしては高いかもしれませんが量と美味しさを考えたら最高です

 

 

マラッカ観光 まとめ

 朝7時前にKLを出発し夜9時にKLに帰りました。私の場合は帰りのチケットの関係でマラッカバスターミナルで2時間強待たされるなどあったため効率が悪かったかなー

 

なのでマラッカは日帰りで普通に観光できます。

 

日本で例えると新宿、渋谷に対しての鎌倉でしょうか?マラッカは古都ではないですが笑

 

マレーシアの中でも東南アジアにない魅力、いいかえるとヨーロッパの魅力を感じることができるのが、マラッカ!

 

KLから比較的近いのでぜひー!

【ブルネイ旅】豪華なモスクなどおすすめの観光スポットとブルネイ料理と交通を紹介!

こんにちはかじです。
今回はブルネイ旅。友達に会い留学中の1週間のHolidayを使ってブルネイ・マレーシアに旅行した時の話です。
 
 

ブルネイってどんな国?

ブルネイは世界で有数のセレブな国。豊富な天然資源(石油や天然ガス)があるためです。
 
だけど、世界の中で何処にあるかあまり知られていません。ブルネイは東南アジアのボルネオ半島に位置しており国土はマレーシアに囲まれています。いわばアジアの秘境!
 
観光スポット自体を訪れるだけであれば一日で観光が可能です。それは首都バンダルスリブガワン(Bandar Seri Begawan)に基本的に観光スポットが密集しているためです。
 
私は2日観光しました。1~2日の短期間の観光というのは現在タイに留学している身だから躊躇なくできますが、日本からブルネイに旅行する場合は航空券もかなり割高な気がするので、4日以上は滞在するのではないでしょうかね。実際2日滞在して感じたこととして、日本人観光客は新婚カップルが多い印象でした。
 
 
 

観光の見どころ

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク(Omar Ali Saifuddien Mosque)

ブルネイの定番観光名所はこのモスク!
28代前国王により建てられたこのモスクは莫大な費用が建設につぎ込まれた超高級モスクで超豪華!昼間は青空に対してモスクの外観は白く輝いています。モスクの前にラグーンがありラグーンの手前から眺めるとさらに素敵。
 
友達の写真でしか見ていないのですが、夜はライトアップで超綺麗でした。
 
金曜日はイスラム圏では礼拝日に当たるため夕方4時半以降でないとモスクの内部に入場することができませんので注意したほうがいいです。あと祝日も入場に制限があります。
 
 

ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク(Jame Asr Hassanil Bolkiah)

Omar Ali Saifuddien Mosqueは前国王のモスクに対して、こちらのジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク は現国王が建てたモスク!Omar Ali Saifuddien Mosqueに比べるとどうしても見劣りしてしまいがちですが、こちらもモスクとしては素敵。
 
首都Bandar Seri Begawanからアクセスが悪いのは唯一の難点。首都のバスターミナルに行けばバスは必ずあるはず(1ブルネイドル)
 
 

カンポン アイール ( Kampung Ayer)

首都Bandar Seri Begawanのブルネイ川の周辺の水上集落のことを指します。

通常水上集落というのは貧困層が住んでいるイメージがありますが、裕福な国ブルネイの水上集落は全く逆で建造物は非常にしっかりしているし、水道も電気も通っているため生活には不便はないし貧困層らしき方々は見当たりませんでした。

首都から対岸に渡すにはpierに行けば大丈夫。pierは至る所にありますが私は首都Bandar Seri Begawanのバスターミナルから最も近いpierにいきました。
 
1Bruneiドルで対岸までボートで渡る、20Bruneiドルで Kampung Ayerをボートでぐるぐる回ることができます。私はせっかくの機会ですし20ドル払いKampung Ayerの旅へでました。
 
 

ロイヤル・レガリア(王室史料館)(Royal Regalia Building)

 このロイヤル・レガリアでは、現国王即位の際に使用された御所車や即位25周年式典の豪華な衣装などが展示されています。
 
内部(展示物)は撮影禁止なので写真はありませんが、アセアンの協定?に日本の森外相(当時)の漢字のサインがあり目に留まりました。
 
 

王宮

名称は「イスタナ・ヌルル・イマン」ブルネイ政府があるため内部には入れません。王宮が位置しているのも首都Bandar Seri Begawanから少しほど離れているので、ブルネイ川からボートに乗って外観を眺めるが適度に楽しめる方法だと思います。
 
 

ジュルドンパーク

首都Bandar Seri Begawanからかなり離れたところにある東南アジア最大の遊園地。遊園地には入場しませんでしたがentrance付近の記念塔では写真を撮りました。

かつてはマイケル・ジャクソンのライブが開かれたこともあったそう
 
ブルネイは石油で裕福な国ですが、石油の資源がいつか枯渇するのをブルネイ政府は恐れているので、国家の基幹産業を多角化する為に観光業に力をいれているようです。ジュルドンパークは位置を考慮すると地元民しかいないのではと心配になりましたが、友達曰く観光客も多いとのこと。
 
 

 その他

ブルネイ博物館
キアンゲ オープンマーケット (Kg Kianggeh Open Air Market )
 
 

交通

ブルネイ国際空港から市内への行き方

タクシーは元々ブルネイに走っている様子はないですし、無難にバスに乗るべきでしょう。国際空港1Fでて左に少し歩いた場所からバスが定期的に出ており市内まで1Bruneiドルです。
 
ホテルなどが多いと思われるGadongという市内より北に位置する場所に行きたい場合もまずは市内に行きバスターミナルでバスを乗り換えるのがいいでしょう。
 
 

市内からブルネイ各地への行き方

ここがバスターミナルです。

 
 

おすすめのブルネイ料理

友達のお家でご馳走になったほか、ブルネイの郷土料理を食べるためAminah Arif Restoran(アミナーアリフレストラン)に連れて行ってもらいました。
 
私がいった場所は首都の中心地から離れていますが、Aminah Arif RestoranはGADONGなど比較的中心地に近い場所にもあります(googleによるとブルネイに4店舗)
 
注文したメニューは、表紙めくってすぐ目に入るSET BIASA(3 ORANG) 21ブルネイドルです。

これは
  • AMBUYAT
  • DAGING URAT TUMIS/MASAK REBUS KUNYIT
  • IKAN GORENG/REBUS/AMPAP
  • SAYUR PILIHAN
  • SAMBAL BELACAN & ULAM
  • CACAH BINJAI / CACAH CAMPUR(BINJAI/TEMPOYAK)
のセット
 
 
 

アンブヤット

ブルネイ人の友達に「ブルネイで一番有名な料理って何?」ときいたところかえってきたのが「アンブヤ」とのこと。アンブヤとはサゴヤシのでんぷんに熱湯を加え混ぜたブルネイ先住民が食している伝統的な主食。あの粘着性がある「のり」をイメージしていただくとわかりやすいかも!?それ聞くと食欲なくなりますが。

キャンダスという割りばしのような棒(上部が切り離されていないです)でくるくるとアンブヤを巻き付けてすくい取り、チリソースにつけ食べます。味はアンブヤ自体は無味で、チリソース自体の味がします。
 
驚くことに友達曰く、「噛まずに飲み込む」らしいです。最初は飲み込むのが怖くて噛みましたが歯にアンブヤがくっつき困ったので飲み込みましょう。日本のもちのようなもんだよといわれましたが、もちは飲み込んだら死にます(笑) おもち王国の住民には最後まで飲み込むのに抵抗がありました
 
 

ABC(Ais Batu Campur)

Ais Batuは氷、Campurはチャンプル
色んな具材を混ぜ混ぜするかき氷です。
 
上の写真だと一番左です 
 
下部には小豆があり、中部や上部にはBlackジェリーがあります。
味は表現しずらい!(笑) 甘い汁に豆の味が混ざっているかんじで時々ストローでジェリーを吸い込んだ時はまるでタピオカを飲んでいるようで。
 
それ以外には
さかな
にく
やさい(moring glory)などをいただきました。
 
にくが噛みごたえがあり美味しかったです。名前は忘れました。
 
 

ブルネイ観光 まとめ

ニッチな国かと思いきや日本人をかなり見かけました。欧米人は全然見かけませんでした。
 
日本人は新婚旅行(ハネムーン)で来られる方が多いようです。ハワイのように開発リゾートはないけど喉かに過ごすにはブルネイはもってこいでしょう。
 
東南アジアに住む私としてはブルネイは東南アジアらしくなく新鮮でした。「屋台」「トゥクトゥク」「交通渋滞」「ホームレス」といった東南アジアによくみられる景色は全くそこになく、ココはアメリカ・カルフォルニアか!という気分でした(行ったことない)
 
建物が密集しておらず、道路も広大なので開放感に満ち溢れています
いいですよ~ブルネイ
 
ではでは

1か月の南アジア旅(インド・ネパール・バングラデシュ)の全貌!「旅×キャリア」というテーマをもち

こんにちはかじです。
今回はインドネパールバングラディッシュ旅の総括です
 
 
目次
  • 旅のルート
  • 金額
    • フライト
    • インド前半(約13000円=8260インドルピー)
    • ネパール(約20000円=19720ネパールルピー)
    • インド後半(約9000円=5673インドルピー)
    • バングラディッシュ(約26500円=1157タカ+225US$)
  • 旅のテーマ
    • 2パターンのテーマがある
    • なぜ旅×(自分の)キャリアなのか?
    • 実際旅行前私がしようと思ったのは?
      • 試み、実際したこと
      • 試み、失敗したこと
  • おすすめ記事の紹介
  • まとめ

 

【バングラデシュ旅】グラミン銀行 EXPOSURE PROGRAMを体験!どうBOPビジネスは機能しているのか?

こんにちは!かじです。
今回はバングラデシュで体験したグラミン銀行のOne-Day EXPOSURE PROGRAM(ツアー?)の話