読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

やなぎなぎのライブツアー2016「Follow Your Tracks」に参戦!透明感のある声が癒しすぎる

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

2016年4月24日、やなぎなぎライブ「Follow Your Tracks Tour」@EX THEATER ROPPONGI

に参戦しました!!

 

 

やなぎなぎといえばアニメソングの歌手ですが、supercellのボーカルを「nagi」名義でつとめていたことでも有名ですよね?

 

「君が知らない物語」とか「さよならメモリーズ」とかあのsupercellの人気曲はやなぎなぎがボーカルをしていた時期の楽曲です。

 

僕自身supercellを先に知り、やなぎなぎの歌声に惚れ込んだことでやなぎなぎの曲が好きになりました。あの心の奥まで突き刺さる透きとおる声が本当に癒しでしかなく、毎度癒されたい時などウォークマンで聴いています

 

そんな経緯で他にやなぎなぎが好きな友達とライブに行ったというのが経緯です!

 

 

EXシアター六本木に向かう!

 国立からは新宿乗り換えで都営大江戸線にのって六本木駅に到着しました。新宿が迷路すぎたね。

六本木のミッドタウンを軽く散策した後に、16時半にEXシアター六本木に着きました!

もちろんはじめてのEXシアター六本木!

17時開場でしたがなにかあったのか時間が押していましたね。18時開演予定でしたが、実際に会場に入ったのが、18時ちょっと前。

 

今回のライブは1ドリンク制ということで、500円を1ドリンク引換券にかえたのちに、会場の1Fらへんにあったドリンクバーで券を使います。

ドリンクなんて頼みたくないよーという心の声はさておきラムトニックを注文しましたね。前日にコナン映画を観た影響でRUMというお酒に過剰に反応してしまったためかな?

 

指定席の方に行ってからしばらくしたらはじまりました。開園予定の18時は過ぎていましたが、18時半にはなっていなかったのでその間ですね。

 

 

春擬きとともにライブの幕が上がる...!

 Follow My Tracksが流れながら、なぎバンドの紹介が始まり、最後には本日の主役、やなぎなぎが登場...!

 

そして始まった曲が、春擬き!

今回のアルバム「Follow My Tracks」が発売されるということを知る以前からネットで聞いたことがあり好きな曲!俺がいるは見たことはないけどね(笑)

 

ここから今回アルバム「Follow My Tracks」に収録された曲やシングルのカップリング曲、3枚のアルバム未収録の曲、ライブで定番の曲などが披露!

 

セットリストはこんな感じ!

 

セットリスト

01.Follow My Tracks
02.春擬き
(MC)
03.ワンルームトラベル
04.キャメルバックの街
05.パラレルエレベーター
06.モノクローム・サイレントシティ
(MC)
07.rooter's song
08.ユキトキ(3rd album bonus ver.)
(MC)
09.Sweet Track(3rd album bonus ver.)
10.zoon politikon
11.in flight
(MC)
12.skyscape
13.many universes
14.カザキリ
15.オラリオン

(MC)
16.夜天幕
17.未来ペンシル
(MC)
18.ターミナル
19.どこにも行かない
<アンコール>
20.You can count on me
21.ビードロ模様
22.深遠

 

 

今回のアルバムのコンセプトは「旅」です。

全てのアルバム収録曲には、旅というテーマが何らかの形で盛り込まれています。「キャメルバックの街」なんかは田舎から上京してきた女の子が都会の景色に感動している様子を表現しているとのこと。当然それも「旅」ですよね。

 

 

 

 今回のアルバム収録曲がけっこう好き!

 今回のアルバム収録曲は13曲すべて聞けましたね!アルバムを引っ提げてのツアーだからもちのろんな話ですが笑

 

今回やなぎなぎ3枚目のアルバム「Follow My Tracks」が4月20日発売しました!僕はこのライブに乗り込む前にyoutubeの方にアップされていた「Follow My Tracks」のクロスフェードを聴いていたので、全ての曲サビだけ知ってましたね。

 

Follow My Tracks(初回限定盤)(特典CD+Blu-ray付)

個人的には、今回のアルバムだけでいうと、オラリオンとかカザキリとかよりもアルバム収録曲のほうが好き!

 

キャメルバックの街とか未来ペンシル、スローテンポ調のモノクローム・サイレントシティが好きだね〜

 

モノクローム・サイレントシティのようなスローテンポの曲はマジでいいですね!目を瞑りながら聞くとあの心地よいサウンドと透き通る綺麗な声が脳の中だけに響いてまじで最高です。

 

supercellのうたかた花火が僕が一番好きで、ときどき部屋を真っ暗にして音量大きめで聞くことあるのですが、今回はそれをライブ会場でやるようなもの。

 

 

未来ペンシルのサビ前からサビへの部分で特に鳥肌が立った...!

 個人的にはこのスローテンポの曲でも十分癒されたんですが、一番鳥肌たったなぁっていうのが、未来ペンシルだったんよね。

 

描いた〜通りになれば〜♪

青天井まで届ーくかな?

 

嬉しくて哀しくて〜♫

 

のスローテンポのやなぎなぎの透明感の声が会場を包み込んでからの、だんだんと盛り上がるサビに、一番ゾクってきました!この感覚がライブの真骨頂

 

 

Sweet tracksやユキトキも!

 今回のアルバム「Follow My Tracks」には初回限定版だけ特典が付いているらしいです。ユキトキ、Sweet Tracks、ビードロ模様などが別アレンジ版で収録されているとのこと。

 

で、今回のライブでは、Sweet Tracksとユキトキの2曲!いきなりユキトキが流れ出した時には嬉しかったですね〜やった!この曲生で聴ける〜!

ちょっとアレンジ違うのですが、僕はこのアレンジのユキトキ好きですね!穏やかな感じ。

 

Sweet Tracksは、聴きながらsupercellを感じてました!あくまで個人としての意見ですが、Sweet Trackはやなぎなぎとしての楽曲だけど、すごくsupercellの楽曲のような曲調、声の感じでそこにノスタルジーがありましたね。

 

 

カップリング曲もライブで!

 ライブではアルバム収録曲だけでなく、オラリオンのカップリング曲とカザキリのカップリング曲も披露されました。

 

あとはノネンノネット関連のアルバム未収録の曲も2曲!

 

僕はやなぎなぎの超コアなファンじゃないので、もちろん知らなかったのですが、やなぎなぎの曲知らなくても楽しめるんですよ!

 

というのは、声!あの透明感のある声が聞ければ、曲を知ってようがいまいがそんな関係ないのです!というか僕の楽しみ方はそこだった!

 

普通のアーティストなら知らない曲だと知らないやってなるし、カラオケで友達が知らない曲をいれれば知らねーなってなるでしょう!

 

ぼくから言わせれば、知らない曲もあの透明感のある声が聴ける最高!ってわけです。

 

 

ビードロ模様から深遠で締める!

 「どこにも行かない」のあと、一度閉めてから、ライブ名「Follow Your Tracks」の頭文字をとり、FYT!FYT! FYT!のコールが響きます!普通のアーティストならアンコール!アンコール!ってところなんだけど…

 

FYT! FYT!ってコールが、あのバイク川崎バイクのBKB!BKB!っていう掛け声を思い出して笑いました。

FYT!FYT!のコールがしばらく続いたあと、再度やなぎなぎが登場…!

 

待ってました…! そこからライブでは恒例となっているらしいyou can count on me で観客とともに歌い、やなぎなぎデビューシングルの

ビードロ模様、最後はこれもライブの締めとして定番となっている深遠でした。

 

ビードロ模様やらないのかなって思っていたから、これ聞けてほんとよかったです。僕がやなぎなぎの曲で一番好きな曲ですかね〜

こちらにも上位にいれていますね!

【おすすめ】僕が好きな邦楽の曲50選!【ランキング形式 1~25】 - まるかじりんご。

 

深遠は目を瞑りながら聞く。やなぎなぎスローテンポソングおすすめの楽しみ方で、あの癒ししかない綺麗な声を耳の奥底に記憶しながら聞きます。

この瞬間の幸せな感覚は表現しようがないですね〜

 

 

日常から離れた非日常空間があった

 英語の課題もゼミの課題もたくさんある中に、日常のなかのいい癒しでしたね!

 

 

とりあえず美しすぎる声って最高です。

 

音楽って素晴らしいな