読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

タイ・バンコクでColdplayのA Head Full of Dreams Tour2017に参戦! リストバンドの色鮮やかな光がスタジアムを包み込む!

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

4月7日バンコクでColdplayのA Head Full of Dreams Tour2017に参戦しました。
12月にタイ人の友達のFacebookシェアでColdplayのWorld Tourでタイ公演が追加されてからずっと楽しみでした。
 
Coldplay好きです。好きな洋楽アーティストは?と聞かれればColdplayかアブリルラビーンと答えます。洋楽自体は実はにわかで留学後頻繁に聞くようになりましたが。
 
ColdplayではParadise、A Sky Full of Stars、Speed Of Soundあたりが非常に好き。やはりあの心地よいサウンドに心が惹かれます。ロックバンドだけどColdplayはしっとりと歌い上げる曲も多くそれも気に入った点ですかね。
 

 

 
 

ライブの概要

4/7(金)
at Rajamangala National Stadium, Bangkok, Thailand
 

17:00 開場
20:00~20:30 ゲストアクトによる演奏
21:00~23:30 Coldplay 
 
 

Coldplayの名曲を集めた豪華なセットリスト(setlist)だ! 

 

  1. A Head Full of Dreams
  2. Yellow
  3. Every Teardrop Is a Waterfall
  4. The Scientist 
  5. Birds
  6. Paradise
  7. Always in My Head
  8. magic
  9. Everglow
  10. Clocks
  11. Midnight 
  12. Charlie Brown 
  13. Hymn for the Weekend
  14. Fix You
  15. Heroes 
  16. Viva la Viva
  17. Adventure of a Lifetime 
  18. In My Place
  19. Don't Panic
  20.  Till Kingdom Come
  21. Something Just Like This
  22. A Sky Full of Stars
  23. Up&Up 
 

印象に残った7曲を紹介する!

ライブの中で感動した一部の曲を取り上げます。
 
 

A Head Full of Dreams

アルバムタイトル曲。17時半からずっとstandigBでColdplayを待ち望んでいたので会場のボルテージは最高潮に!こんなにも近くでColdplayの曲を生で聞けることにまず感動しました。
 

爽快なサウンド、豪快なヴォイス。まさにライブの幕開けにぴったり。日本のライブであまり観客も一緒に歌うってそこまでなかったので、最終サビのOh Oh Oh Oh  Oh Oh Ohh 
は最初に鳥肌が立った瞬間!
 
 

EveryTeardrop is a waterfall

3曲目。アルバムMylo Xylotoは一番Coldplayの中で好きで、EveryTeardrop is a waterfallもよく聞いていたんだけど、このライブを通して一気に好きになりました。
 

サウンドが超心地よい!段々盛り上がり後半のEvery Tear is a waterfullの部分、紙吹雪が散る瞬間も最高でした。StandingBという最前席にいれて良かった~!
 
 

The Scientist 

今回のライブで一番好きな瞬間は
The Scientistのサビの合唱
 
Nobody said it was easy
it's such a shame for us to part 
Nobody said it was easy 
No one ever said it would be this hard 
Oh take me back to start
 
Chris Martinがピアノを弾きながら歌う。そして観客も大合唱。本当に鳥肌が立ちました。
 

 

Paradise 

Coldplayで一番好きな曲。象の着ぐるみを身に纏ったChris Martinが自由を求め故郷を求め旅に出るといったMVが最高に心を貫きました。「どこにもいけるんだ!自由なんだ」というメッセ―ジ、旅行中などにParadise聞くと開放感に満ち溢れてます。
 

ライブでもpara para paradise~♪って歌って最高に気持ちよかったです。coldplayの後ろのスクリーンでは羽ばたく蝶がサビの時に映し出されているのも素敵でした。
 
 
 

Hymn for the Weekend

最新アルバムA Head Full of Dreams収録の一曲。MVがインドムンバイにされたことに私自身がインスパイアされたのかこの曲を聴くたびにインド旅したときに見た景色が次々と浮かんできます。
 

サビ 
Got me feeling drunk and high
So high, so high
Oh-ah-oh-ah-oh-ah
I'm feeling drunk and high
So high, so high
での盛り上がりが最高。every teardrop is a waterfallの時のように紙吹雪が空に舞う。
 
 
 

Something Just Like This

closerで有名なChainsmokersとの曲。かなり最新。
 

アルバムベースで聞くためこのライブで初めて聞きました。初めて聞いた印象はcoldplayぽくないなと!サウンドなどはChainsmokersを感じます。
 
i want something like this~♪ Coldplayぽくなく逆に頭に残りました(笑) 軽快なテンポもいいですね。
 
 

Up&Up 

A Sky Full of Starsでラストと思いきやUp&Upがトリに!アルバムA Head Full of Dreams の収録曲。
 

We’re gonna get it, get it together
I know we’re gonna get it, get it together somehow
We’re gonna get it, get it together and flow
Up, and up, and up
から伝わってくる前向きなメッセージ(Up&Up )
 
曲が強い愛で私たちを包み込んでいるようで、Coldplay2017のライブの締めには最高でした。Happinessで満たされました。
 
 
 

リストバント色鮮やか

Coldplayのライブでは無料のリストバンドが配られます。これが本当にすごい!!!
 
ライブ中に、曲に合わせリストバンドはマルチカラーのライトでスタジアム全体を照らし出します。A Sky Full of Stars の時はステージが青や紫に包まれているのにあわせ、観客全員がもっているリストバンドは青く光ります。
 
Charlie Brown の時のサビは、観客のリストバンドは、赤・緑・黄色・青に変化し、最高潮の盛り上がりを見せるスタンディングゾーンでは観客が手を挙げたりジャンプしたりし色鮮やかになりました。
 

スタンディングからステージの反対側をふと見渡すと、スタジアム全体がリストバンドが発するライトで包まれていて最高に美しい瞬間ですよ。あの光景を見たとき鳥肌が立ちました!
 

このリストバンドの仕組みは、専用のソフトウェアを使いリストバンドがライトアップするタイミングとパターンを信号で制御しているらしい。Paradiseでもサビになった瞬間、それぞれの観客のリストバントは複数の色に光りだします。
 

ファンとライブ音楽が一体となったこのインタラクティブな音楽体験は私たち観客を最高に楽しませてくれました!Coldplayの音楽を生で聞けただけで十分嬉しかったうえに、このマルチカラーのリストバンドでスタジアム全体が一体になる瞬間。一生忘れられません。
 
 

まとめ

最高でした。
今までのライブで一番最高でした。
 

ファンとバンドが一体になれる音楽体験を提供するのがライブ・コンサート!今回Coldplayライブでその魅力にどっぷりつかり、別のアーティストのライブにも積極的に参戦したい気分になっています。
 
次回はバンコクでのRADWIMPSのライブに6月参戦予定!大ヒット映画『君の名は』に使われた「前前前世」のほか、劇中曲の「スパークル」や「なんでもないや」、「夢灯籠」も聞けたら嬉しいなあ!
 
ではでは~