読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

大学2年~はっきりとコミュニケーションの糸が切れた唯一の飲み会

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

ヤンキのとあるときの学年会が本当に嫌いだった。確か2年生の時だったと記憶している。今はもう既に潰れた国立駅のわたみん家で行われた飲み会。
 
 

糸が切れた

なぜこの飲み会が最悪だったと今も覚えているのは、自分が嫌だなって思っていた時も必ずつなごうとしている「糸」がプッチンと切れたためである。
 
人生で2回ほど「糸」がプッチンと切れる飲み会に遭遇したと記憶しているが、2回目は全く覚えていないのであまり僕にとっては重要でない。
 
「糸」がプッチンと切れるというのは、コミュニケーションすることを体が無意識に拒否する状態を指している。
 
終わった後代表に「つまらなかった?」と聞かれるくらい途中からコミュニケーションするのが馬鹿らしくなり寡黙を極めた。明らか顔に「つまらない。抜けたい」と書いてあったんだと思う。もちろん「つまらなかった」と答えた。
 
ちなみに僕がこの学年会が最高に詰まんなかったという話はこの飲み会に参加していた同期にも普通にしている話なので特に暴露というわけではない。
 
最高に詰まんなかった理由は、一発芸をやらされる雰囲気になったこと一択。お察しの通り、僕は一発芸をやるのに慣れていいないし全然したことないし大嫌いだ。
 
一発芸をする雰囲気になるというのは、しゃべる話題がなくなっていて困ってたときにする最終手段のように見苦しいものだと、この当時に思っているし今も思っているしこの考えは未来永劫変わらない。
 
僕は結局一発芸をしていないんだけど、ナニコレ俺もするんかなとか思っていたら胸が急に苦しくなったし急速にこの飲み会に対して冷めてきた。
 
 

語る飲み会がしたい

まあ大学生なのでコール飲みも経験したことがあるのでいっておくと、僕はコール飲みの方が飲み会としては全然楽しい。というかまし。
 
一発芸を一人一人やる飲み会ってどんだけ話題に困っているんだよ見苦しすぎだろ(笑) 
 
ちなみに余興と一発芸は別のものとしてカウントして。余興はあらかじめ決まっているもの、飲み会途中で一発芸をやらされる流れは突如決まった予定にないもので、どう考えても別。
 
この飲み会以降同期飲みに対する忌避感が生まれた。上の代は、身も蓋もない恋愛ネタをよく飲み会の肴にしているが僕はそちらの方が格段に好きなので生まれる年代間違えちゃったなと本気で思った。
 
僕は語る飲み会がしたいのである。今もその気持ちはブレていない。
 
それ以降大勢の飲み会に参加するのが嫌いになってきた。
 
僕は一発芸をやったりするのが厳しい。逆に先輩のおうちで鍋しながらぐだぐた話すことや、カタンをすることが本当に楽しかった。