読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

カオヤイ国立公園にツアー使わず個人でバンコクからパクチョンを経由し日帰り観光!

海外旅行記 海外旅行記-タイ

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

先日カオヤイ国立公園に行きました。バンコク近郊からいける豊かな自然がある国立公園を探したところ見つけました。

 

本来カオヤイ国立公園にバンコクから行く観光客はツアーを使うのが一般的でしょう。バンコクから3時間ほどかかる距離のうえに国立公園のため基本的には車移動をする必要があるからです。ツアーバスならカオヤイ国立公園内の移動も楽ですしね。

 

でもツアーの場合は値段も割高なうえ衝動的にカオヤイ国立公園に行くことが決まったので今回は自力で個人としてバンコクから向かいました。

 

 

 そしてカオヤイ国立公園は日帰り観光には向かない場所です。バンコクからのツアーであれば朝早くに出発して夜遅くに帰宅することで日帰り観光を可能にしているような気がしますが。

 

カオヤイ国立公園は非常に広大です。敷地内には多くの滝、トレッキングコースなどがあります。トレッキングをして国立公園内のいたるところを散策するにも時間がかかります。そしてこの公園内では、キャンプをしたりナイトサファリを楽しんだりもできるのです!

 

最低でも2日があればカオヤイ国立公園を満喫できるのでしょう。ですが僕には学生で時間がなかったので今回は日帰りとなりました。果たしてこの選択は正しかったのでしょうか?

 

 

モーチット北バスターミナルからパクチョンへ!バスで移動!

 まずバンコクにいる観光客や在住者はモーチット北バスターミナルに行く必要があります。バンコク市内からはMRTを使ってモーチット駅までいきそこから徒歩10分から15分歩く、もしくはモーチット北バスターミナルに向かうバスに乗るのがいいでしょう。

 

歩く必要がないので後者の方が望ましいと思います。ちなみに僕は前者の方法で行きました。地味に遠かったです…

 

 

モーチット北バスターミナルはバンコク近郊(特に北部から東部)に行く場合の起点となるバスターミナルです。ドンムアン空港に向かう際も利用します。

 

午前8時半ほど。まずここでチケットを買うためチケットカウンターを含む大きな建物の2階に行きます。カオヤイに行くにはまずパクチョンという市まで行き、そこからカオヤイまでローカルバスかミニバンかトゥクトゥクで向かいます。ナコーンラーチャシーマー行きのバスに乗ればパクチョンに行くことが可能です。

スタッフに「ナコーンラーチャシーマー行きのバス乗ってパクチョン行きたい」といえば親切に教えてくれました。86と87のカウンターに案内されましたね。ここのスタッフはすごくフレンドリーです。

 

パクチョンまでは確か108バーツ。バスターミナルは70とチケットに書いてあったので移動。この際もスタッフの方が案内してくれたので難なくバスを見つけることができました。

ネットの情報によるとこのナコーンラーチャシーマー行きのバスは運行時間も早朝から夜遅くまで1時間に1本でているらしい。(料金、運行時間は会社によって多少異なります。)

 

45分ほどバスの中で待機し9時半ごろバスはナコーンラーチャシーマーに向けて出発~!

 

 

パクチョンからカオヤイ国立公園へ!乗り合いトゥクトゥクで移動!

 モーチットバスターミナルからパクチョンまでは2時間半といわれていましたが3時間以上かかりました。タイのバスは渋滞等で時間が読めないのでここは仕方ないですね。

 

 

パクチョンバスターミナルに到着した後はとりあえずカオヤイ国立公園に行くための交通機関を探しました。ローカルバスがあるという情報があったほか乗り合いバンがあるという噂も。

 

僕らは最終的に乗り合いバンらしくもの(ほぼトゥクトゥク)に乗りカオヤイに向かいました。この乗り合いトゥクトゥクはバスターミナル降りた場所から南に向かい歩道橋を超えたあたりに停車していました。カオヤイという表示があったので比較的わかりやすかったですね。

30バーツを払いカオヤイ国立公園まで30分程度。市街地を走っていたトゥクトゥクはやがて雄大な自然に囲まれた空間に吸い込まれていき次第に見回す限り山や~!っていう景色になりました。

このトゥクトゥクはカオヤイ国立公園の入り口まで連れて行ってくれます。

 

 

カオヤイ国立公園いざ入るぞ!

 カオヤイ国立公園は入園料が必要です。なんと外国人の場合は400バーツ!高い!タイ人が40バーツほどで入園できるので本当に高いですね。

 

タイ在住の僕も学生証を見せたりパスポートのVISAを見せたりして何とか40バーツで入場しようと努力しましたが残念ながら失敗。400バーツ払いました。現在時間は14時過ぎ~!日帰りだから400バーツは少しコスパが悪いな~~

 

多くの人はこのカオヤイ国立公園に自家用車で入園していました。いってしまえば個人でかつ車なしで入園なんて稀。スタッフにエントランスで待つようにいわれました。歩いて入園する用の車に乗らせてくれるのでしょうか?

 

 

親切な家族に出会い車に乗せてもらうことに!

 まあでもその後偶然日本人とタイ人の家族が通りかかり最終的に車に乗せてもらえることとなりました!感謝しかなかった!ヒッチハイクとは少し違う気がしますがまるでヒッチハイク!

 

奥さんが日本人、夫がタイ人。そして2人の子供。どうやら二人はニュージーランドで出会い結婚して現在はタイに住んで6年目だそう。インターナショナルだなああって!この日はキャンプをしにカオヤイ国立公園に来たそうで。すごくキャンプ楽しそう!

 

 

子供が妖怪ウォッチ好きなのか流れていました。タイでも妖怪ウォッチは人気のようです。

車乗りながら感じたんですが、周囲に歩いている観光客が全く見当たらない(笑)車でしか移動できないようでした(歩けなくはないけど歩道はないので危ない)

 

個人で観光するのはやめたほうがいいと感じました!間違いなくカオヤイ国立公園内はヒッチハイクによる移動となるでしょう。それはそれで面白そうですが今回のように親切な家族に会うとは限らない。ましては日本語喋れる人がいるというのはない。基本的にはタイ人なのでタイ語を使えないといけないのです。

 

もし国立公園にヒッチハイクをして帰れなくなったらがちのナイトサファリでしょう(笑) それはそれでネタとしては面白そうですがかなり危険。

 

 

以下は車で連れて行ってもらった場所です。

 

カオヤイ国立公園からの眺め最高です!

 

ここがVisitor Centerです。ここでカオヤイ国立公園のマップをもらえました。マップによるとこのヴィジットセンター周辺にトレッキングコースが多いようです。

 

滝です。雄大な自然を感じますね。

 

 

帰りは違う車に乗せてもらいました。最初に乗せてくれた家族が帰りに乗せてくれる車を探してくれました。なんて優しいんだ!人の温かさにばっかりですカオヤイ国立公園では。

 

そしてなんとカオヤイ国立公園の入り口までではなくパクチョンのバスターミナルまで連れていっていれるとのこと!最高です!

 

途中で食べ物をくれたり飲み物をくれたり見ず知らずの僕らにここまでおもてなしてくれるとは!もう感動しました。

 

 

パクチョンからバンコクへ!乗り合いバンで移動

 パクチョンでは帰り送ってくれたタイ人の方にバン乗り場に連れて行ってくれました。

 

ビクトリーモニュメントまでで180バーツほどでした。しばらくして人が集まったのでバンは出発!この頃夕方17時から17時半ほどの時間。

 

帰りは正確な時間は覚えていませんが行きと同じように2時間半、3時間ほどでバンコクに到着したような気がします。

 

 

まとめ

 ただただ人の優しさに触れた一日でしたね。カオヤイ国立公園の入り口で拾ってくれた日本人とタイ人の家族、帰りにパクチョンまで送ってくれたタイ人の家族には感謝しかない!

カオヤイ国立公園の滞在時間は3時間弱と少なったのですがこの人の温かさに触れただけでも行く価値ありました。

 

一方、通例に反してツアーを使わず日帰りで行ったということに関してはお察しの通りおすすめしません。

 

アクセスが悪いうえにカオヤイ国立公園内をヒッチハイク以外に移動できません。そして日帰りだと滞在時間がとても少ないです。

 

ツアーを使うのはカオヤイ国立公園に関しては最適な選択肢であるように感じました。

 

 

僕自身は、カオヤイ国立公園に今度行くときはキャンプしたい!ナイトサファリも楽しいと思うし2日以上あればカオヤイ国立公園周辺のワイナリー巡りもできそう!

 

次にわくわくしています!