読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

【インド旅】まとめ。デリー~バラナシ~コルカタを鉄道で移動!

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

こんにちはかじです。今回はインド旅のまとめです。2017年12月16日~1月10日までインド旅行していました(途中ネパール旅13日間含む)

 

 

 

1番目の都市 デリー

 インド旅での最初の都市は首都デリー!ATMの件とSIMの件でゴタゴタがありしょっぱなからタイに帰りたくなりましたが、2日目、3日目と日が経つにつれ慣れていきました。

OB訪問など観光以外のことをしようと画策した都市のひとつ!3日目は観光以外に使う日でした笑

 

詳細に関しては別記事に書いてます。こちら参照してください。

kjapple.hatenablog.com

 

 

デリー〜ジャイプルの鉄道移動

 朝4:00オールドデリー発10:25ジャイプル着の電車に乗ります。ちなみにclassはsecond sitting です。

 

デリーからジャイプル行く場合は観光客のほとんどが6:00発10時過ぎ着のExpress買うと思うしinternational tourist bureau でおすすめされると思います。ただ直前に取ろうとしたからかinternational tourist bureau にコミッションを取られたのかチケットが高くなってたのでそれ乗るのやめました。

 

second sittingはインドでの1番低いclassでよく人が溢れるなんて話を聞きます。電車の上にも人が乗ってる写真見たことありますかね?でも実際は密度は他のclassに比べ高いけど日本の満員電車ほどでは全然ないです。ゴーラクプルからバラナシの夕方もsecond sittingでしたが日本の満員電車の方がひどいです。

 

second sittingではインド人がトランプやってましたね。僕はupperで寝ていたので上から見下ろしてただけですが楽しそうでした。

 

 

2番目の都市  ジャイプル

 2番目の都市はピンクシティであるジャイプル!北インド旅行する友達はこのジャイプルにいかないし、なんでジャイプルなんていくの?って言われましたが観光都市で1番楽しみにしてました。アグラよりも。

アンベール城やジャイガル要塞からの眺めがただただよかったです。あと宿Tony Guest Houseも今回の1ヶ月の中で1番好きな宿でした。

 

詳細に関しては別記事に書いてます。こちら参照してください。

kjapple.hatenablog.com

 

 

ジャイプル〜アグラの鉄道移動

 夕方15:10ジャイプル発で21時アグラカント着のSLの電車に乗る予定でした。しかし電車は予定よりも6時間ほど遅れほぼ夜行になりました。朝の4時頃にアグラカント駅に到着!

 

SLはsleeperですが時に人が多くてスリープできません。そして僕的には1番盗みとかの被害に巻き込まれやすいclassかなと思います。まぁがっつり寝てましたけどね笑

 

荷物は自転車チェーンでしっかり止めて持ってかれないようにしてるし、財布はポケットでなく首から下げているので安心して寝てます。

 

 

3番目の都市 アグラ

 3番目の来訪都市はタージマハルがあることで有名なアグラ。たくさんの観光客が訪れることからリキシャワーラーと呼ばれる悪質なリキシャも多めで、精神的にすこし疲れました。

アグラ観光については別記事にて紹介しています。

kjapple.hatenablog.com

 

 

 

アグラ周辺(ツンドラ)〜ゴーラクプルへの鉄道移動

 ツンドラ駅23時発でゴーラクプル翌日9時着の3Aの電車に乗りました。もうすこし出発が早い夜行がないか聞いたのですがデリーのinternational tourist bureau にないと言われました。絶対あるはずなんでCleartripで確認すればよかったなぁ

 

3Aはsecond sittingやSLとは比べものにならないほど快適です。シーツも掛け布団もあるし快適に寝る環境が整ってます。今回は10時間とインド旅最長の鉄道移動であったことと陸路国境越えを控え正念場がつづくことから3Aにしました。

 

熟睡of熟睡ですね。到着は2時間遅れ。まぁ許容範囲ですかね。ゴーラクプル駅探すのに全然GPS入らなくてインド人にゴーラクプルまであとどのくらい??って結構聞いた覚えがあります。

 

 

 ネパールに一度抜けます

 

12/23/2016 移動日

 ゴーラクプル〜ネパールへのバス移動

 

1/4/2017 移動日

 ネパール〜バラナシへのバス&鉄道移動

 

 

4番目の都市 バラナシ

 インドでの4番目の来訪都市は

バラナシ!インドが凝縮されていると言われている場所で観光した者はこのバラナシが本当に大嫌いになるか大好きになるか二極化する傾向があるようです。

僕はインドで訪れた場所の中で1番好きです。好きというより面白い!臭いと汚いはめちゃめちゃ不快ですが、インド人が一番面白いのは間違いなくバラナシ!他の都市よりも良い意味でインド人の関わり多め!

 

詳細に関しては別記事に書いてます。こちら参照してください。

kjapple.hatenablog.com

 

 

バラナシ〜ガヤへの鉄道移動

 バラナシは10日目の午後去ります。最初は16時頃発の電車に乗る予定でした。しかし駅に着いてみるとその電車は5時間遅れ!待っているのもだるいし予約をしていたわけではないので、ちょうど10時間遅れで今にも出発しようとしていた電車に乗ります。

 

駅のプラットホームでインド人と結構話しました。学校の先生をやってて国際関係を教えてらしく僕のタイの専攻と一致しすこしアカデミックな会話でしたね。

 

second sittingでしたが程よく皆さんが席に座れており乗車率が200%みたいな状態には全くなってませんでした。

 

ガヤ駅には20時から21時頃着きます。理想としては、ブッダガヤにこの日中に移動しブッダガヤの仏心寺に泊まり次の日ブッダガヤを観光するのがベストですが、夜着でガヤ駅からブッダガヤ駅までのリキシャ移動が夜間料金込みで高くなってしまうことと、ダライ・ラマがブッダガヤにいま滞在中の関係でたくさんのチベット仏教信者、および観光客が訪れる宿が取れる気がしないこともあり今夜はガヤ駅周辺を探します。

 

満室と言われ続けかなり心からだとも疲れましたが最終的に500ルピーでダブルベット2つ付きの部屋に泊まることに!部屋だけで500ルピー以上してたのはわかるけど、もうすこし安くいきたかったなぁ。全部ダライ・ラマのせいだ。Hotel prem 駅から5分ほどで、路地をかなり奥まで進んだ場所にありました。コルカタ行きの電車の相談親身に乗ってくれたのでここに泊まってよかったです。

 

ちなみに同時期にブッダガヤに滞在していた他のバックパッカーは安宿が全然なく1000ルピーかかったとさ。久しぶりに選択が正しかったかも笑

 

 

 

5番目の都市  ブッダガヤ

 5番目の来訪都市はブッダゆかり土地として有名なブッダガヤ。正直ダライ・ラマが来ていなかったら何もなかったのではないかという思いが強いです。宗教にそんなに興味ないですし。

予定次第ではカットしてもいい都市として最初からカウントしていましたが、全くその通りで、時間がないなら行かなくてもいいかもしれません。

 

詳細に関しては別記事に書いてます。こちら参照してください。

kjapple.hatenablog.com

 

 

ガヤ〜コルカタ(KOAA)への移動

 当初、ガヤ駅からコルカタへは21時頃発コルカタのハウラー駅4:00駅着の電車に乗ろうとしていました。でもこれも遅延して23時過ぎ発になってしまい、もし乗った場合は7時から開始予定の日曜日のマザーテレサボランティアができなくなるので予定変更。

 

宿の人とも相談し、12時間現在遅れており18時頃ガヤに着き出発するだろうと思われたコルカタ駅(ハウラー駅よりも市内から離れている)行きの電車に乗りました。

 

upperを陣取り今回は9時間ほどのdurationなので、がっつり寝ます。寒くないですが結局寝足りないなと思いつつ朝4時頃にコルカタ駅に着きます。早すぎるので17時くらいまではwaiting roomでスマホいじりそこからマザーハウスまで7km超1時間半で歩いて向かいます。

 

生粋のバカです。方面が一緒のバスはあるけど早く着きすぎても暇すると考えひたすら歩きまくる。1ヶ月間の後半の後半、さすがにデリーの7kmハイクやネパールトレッキング時の体力は皆無でした。おじさんすこし後悔しました。

 

 

6番目の都市 コルカタ

 インド6番目の来訪都市はコルカタ。デリー、ムンバイにつづいて3番目にインドで発展している都市です。インド最古の地下鉄があったりイギリス統治下の際の名残が所々見えるのも面白いです。

観光するもんは全くないのでつまらないですが、道に牛いないから糞がないし臭いそんなに臭くないし、バス交通網が発達しているし、リキシャなども穏やかだし、過ごしやすいです本当に。

 

詳細に関しては別記事に書いてます。こちら参照してください。

kjapple.hatenablog.com

 

 

コルカタからバングラディッシュ・ダッカへバス移動

 コルカタからはバングラデシュに陸路国境越えします。コルカタ2日目の昼にサダルストリート周辺にあるバス会社で直接チケット取ります。

 

12時間と言われていたのに、なぜか23時間かかりまじで疲れました…

 

 

まとめ

 ハプニングが多いですが、ハプニングを楽しみたい方にはインドぜったいおすすめ!あと、現地人(インド人)とのかかわりが他の国への旅行と比べ非常に多いこともあり、それも楽しい!

 

ぜひ!