読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

フルムーンと違う!ハーフムーンパーティーに参加してきた!【タイ南部パンガン島】

海外旅行記-タイ 海外旅行記

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

サワディカ!かじです。

2016年8月26日にタイ南部のパンガン島で開催されたハーフムーンパーティー(Half Moon Festival)に参加してきました。

 

 

ハーフムーンパーティーとは?

 タイ南部のパンガン島で半月の日に開催されるパーティーです。

このパンガン島でおこなわれるパーティーとしては、満月の日の夜に行われるフルムーンパーティーが一番有名なわけですが、そのフルムーンパーティーが開催される一週間前と一週間後はこのハーフムーンパーティーが開催されます。

 

ちなみに今回参加した月2回目のハーフムーンパーティーの次の週にはニュームーンパーティーが開かれます。それ以外にもWater なんとか Party が別の日に開かれるっていう看板ありました。

 

はいもうわかったっしょ?ぶっちゃけ月の形とか関係ないです。

お前らパーティーやって酒飲みながら踊って騒ぎたいだけでしょ!って

 

 

タイで開かれますが、参加者のだいたいはクラブ・パーティー好きの欧米人。もともとこのパンガン島、そしてその隣に位置するタオ島やサムイ島はきれいなビーチが有名で、欧米人がわんさかいます。彼らのためのパーティーってこと。

 

 

そこにアジア人たちが突入したんです!今回

 

 

バンコクのカオサン通りからパンガン島へ!

 バンコクからパンガン島への行き方は、バスか鉄道、もしくは飛行機があります。

その交通手段もパンガン島周辺の陸地に到着した後にフェリーでパンガン島へ移動します。

 

乗車時間だと短い順に飛行機>鉄道>バスでしょうか?

料金だと安い順にバス>飛行機=鉄道でしょうか?

 

飛行機と鉄道の料金がほど変わらないと聞き驚き!

 

 

バンコクのカオサン通りからパンガン島の行き帰りとも夜行バスを利用しました!行きの夜行バス+フェリーと帰りの夜行バスのほぼ往復のチケットを購入し1650バーツでした。

ちなみに帰りのフェリーは210バーツ。

 

複数で行ったため団体割引などあったかもしれません。すみませんその辺任せっきりだったのでよくわかりません。

 

 

夜の8時にカオサン通りを出発して朝の5時にパンガン島付近の陸地に着き、7時から12時までフェリー。普段到着するパンガン島付近の陸地と違っていたみたい。普段だとフェリーの時間は2時間くらい。

 

 

夜の23時からハーフムーンパーティーに参戦!

 ハーフムーンパーティーは夜の8時半スタート。朝の5時に終わります。基本的には8時半などにいっても人もあまりいないし盛り上がっていないのですでに盛り上がっている23時の時間帯に突入~!

 

でもその前にゲストハウスでボディペイント!

龍や虎など動物、蝶や花など鮮やかなものを描いてくれます。ネタ系だとタイのコンビニ業界を独占しているセブンイレブンのマーク、FBIやICUなどのマークなどありましたね。

僕はハーフムーンパーティーにちなみ、左上にハーフムーンを描いてもらいました。これ絶対みんなこの月にしがちでしょ。独自性よりも定番をとる僕の没個性を表したボディーペイントとなっております。

料金は僕のハーフムーンで150バーツ。基本的に2つかいてもらったら料金は増していくみたいな料金方式っす。ハーフムーンパーティーでもボディペイントしてくれる箇所があります。

 

 

会場はフルムーンパーティーの会場であるパンガン島で一番人気のビーチであるハート・リンではなく、森の中です。

 

こちらがハーフムーンパーティーの会場です。会場まではバンで!

ハーフムーンフェスティバル | パンガンWalker

 

入り口~

会場に入るためのチケット料金は、2つのフリードリンク付き、入場料込で1人1000バーツ。クソ高いですがそこは目をつむりましょう。

 

 

3つのフロアでDANCING!

 ハーフムーンパーティーの会場は、一番大きいメインステージ、2番目に大きいGフロア、あとTHE CAVEと呼ばれるスペースの3つでした。

 

 

メインステージでは主にthe EDMみたいな音楽が流れていて

Gフロアはメインステージよりも穏やかな曲調の音楽が多く、

THE CAVEは一度しか言っていないので詳しくは知らないですが、ラップ調の音楽が多かったかな?

基本的にはメインステージとGフロアを行き来して楽しんでいました。

 

DJやEDMに詳しくないため、すごく下手な感想書いていますねこれ。

 

 

日本でクラブとか行ったことない僕にとってはこういうパーティーは異世界。去年の同日に行われたスペインバレンシア近郊でおこなわれたトマト祭り前夜祭以来の2回目でしょう。

 

前回のトマト祭り前夜祭では現地のスペイン人のクレイジーな騒ぎっぷりに、アジア系の人がもともと会場に少ないや僕自身があまりそういう場になじめる性格でないという状況も相まって、かなり引きました。そして楽しめなかったです。

 

でも今回はもっとアジア人の数多いし、ゲストハウスで仲良くなったフランス人もいたのですごく「場に浮く」みたいな状況にならず凄く楽しめましたね!

 

後半は酒のせいで酔ったからか凄く眠くなって、眠気冷ましのために体揺らしていたみたいな節ありますけどね~(笑)

 

 

オールナイトで楽しみ朝5時に帰宅!

 朝4時だと深夜1時と比べ人が少なくなってはいるものの、依然としてメインステージやGフロアでは盛り上がっています。

こいつらやっぱりすげーな。

クラブが身近にある生活様式とそうではない生活様式の違いをただただ実感しました。

 

 

5時に帰りました!実際に3~4時間くらいで会場の雰囲気は楽しんだし十分だったけど、オールナイトしないとするは後々の思い出として変わってくる。きっとそうでしょう。

 

 

まとめ

タイのバンコクにあるクラブも行ってみたいです!

日本のクラブは別に行きたくないですね。

 

行ったことないから適当なこと言うけど、日本のクラブってヤりたいやつの出会いの場みたいかんじイメージ。外国のクラブも外国人にとっては同様の目的の奴にいるけど、どちらかというとEDMに載せてダンスしたいぜ!ってやつが多い気がするな!

 

 ハート・リンというビーチでお酒飲みながらダンシングするフルムーンパーティーと違った魅力を持つハーフムーンパーティー。もし機会があるのなら一度は行ってみるのをおすすめします。

 

でも会場にはドラッグ売りつけるやつにいるので注意してね~

アディオス!