読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

【ドイツ旅行】ローテンブルクの帝国自由都市祭で中世の雰囲気を味わう

海外旅行記 海外旅行記-ドイツ

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

大学2年の夏にヨーロッパに一か月間旅行してました。
そんな旅行の記録です。ではどうぞ!


帝国自由都市祭とは?

 ローテンブルクのお祭りです。


ローテンブルクでは、毎年9月に「帝国自由都市祭」が開催される。町中に中世の騎士や狙撃兵、農民などの一団があふれ、中世さながらの世界が出現する。また、パレードや歴史劇などのほか、夜には花火大会なども行われる。

帝国自由都市祭(Imperial City Days)
日程: 2015年9月4日(金)19:30~ 歴史衣装を着た人達による松明の行列
       9月5日(土)15:30~ / 18:00~ マイスタートルンク劇(市庁舎前)
       9月6日(日)11:30~ 羊飼いの民族舞踏(マルクト広場)

公式サイト: http://www.tourismus.rothenburg.de/index.php?id=682

ローテンブルクは、1274年にハプスブルク家のルドルフ1世から帝国都市の特権を与えられた。帝都になることによって、ローテンブルクは統治を認められ、独自の通貨を持つことと同様に都市作りのシステムを管理することができた。人口も増え、6,000人以上の住民を有する旧帝国の大都市のひとつとなった。1350年には皇帝から徴税権と関税権を認められ、この頃からローテンブルクは帝国自由都市とみなされるようになる。そして、1618年に勃発した三十年戦争の時代まで町は繁栄した。

引用元:
ローテンブルクの帝国自由都市祭


簡単にいってしまえば、独立記念日みたいなもんですね。

僕は、9月4日から9月5日の昼までローテンブルクに滞在していたので、一日目の夜に行われる歴史衣装を着た人たちによる松明の行列や花火をみました。市の中心部であるマルクト広場で。


 

夜になると、マルクト広場に人が集まり...

19:00過ぎ、町に唯一あるユースホステルで夕食を食べた後、市の中心部であるマルクト広場のほうに向かいます。そう、今日は帝国自由都市祭があり、聞いた話によると、今日の夜だけ花火を見ることができるそうです。

花火って基本川があるとこであったり、海があるとこだったりでやったりしますよね。だからこういう内陸で花火をやるっていうのはすごく珍しい!


19時過ぎに行ったときは、まだ空は明るかったです。でも人がだんだん集まってきました。行列や花火をいい場所で見たい人たちは相当早くからマルクト広場に集まっていたみたいです。


だんだんと暗くなっていくと、マルクト広場の市庁舎やもう一つの建物がすごく美しくなります。これはきれい!!


ライトアップされることですごく異彩の雰囲気を放っています。


もう夜やで!


19時半くらいからは歴史衣装を着た人たちによる松明の行列がはじまりましたね。どうやらこのローテンブルクに住んでいる人の大半が参加している印象。さすがに観光客で松明持っているような人はいなかったなあ。


この松明の行列が異常に長いです。朝礼での校長先生の話のほうが全然短いと思います。はい。
45分くらいから1時間くらいはずっと行列を見ていました。正直飽きました笑


行列がおこなわれている途中から、歴史がつらつら語られていました。(僕はd、ど、ドイツ語がた、堪能だから全部聞き取れたんですけど、) まずこの松明の行列は30年戦争をイメージしてこういったことやっているらしいです。
さっきもいったように、帝国自由都市となってから30年戦争の時代までローテンブルクは繁栄していました。でも30年戦争によって、プロテスタントの町であったローテンブルクは何度も占領の危機にあいます。いい伝えられた伝説として、1631年に「見事の一気飲み」によって町は壊滅を免れたそうです。


市庁舎に花火が舞う

 


市長のあいさつも終わったらついに花火の時間じゃ!!いやー、こんな内陸の花火どこから出てくるんだろうなって楽しみにしていたら、なんと!!なんと!!


市庁舎が燃えてるじゃありませんか!!!?


いや、市庁舎の中から花火が出ているみたいです!!


バルコニーから滝のように流れています。



日本の花火みたいにでかくないけど、やっぱ花火っていいね!


本当に市庁舎が燃えているみたいだよ



いやー花火よかったなあ!
ローテンブルクの帝国自由都市祭はスペインのトマト祭りのように日程を被らせていくといった感じではなく、偶然日程があったんで祭りに参加することができました。

祭りが僕を呼び寄せたんだなあ!!(笑)

もうローテンブルクはほんとうにいいとこです。ヨーロッパで一番ヨーロッパっぽい雰囲気を味わうことができたもん。これだよ!ヨーロッパ旅行の醍醐味は!!

またいきたいな!今度はクリスマスマーケットにでも!


ではでは!