読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

【ベルギー旅行】ブルージュの緑豊かな自然は安らぎを与えてくれる

海外旅行記 海外旅行記-ベルギー

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

大学2年生の夏にヨーロッパに1か月間旅行をしていました。そんな旅行の記録です。

本日はベルギーのブリュージュ観光の話です。ベルギーのブリュッセルからの日帰り観光です。

 

 

 

ブルージュ日帰り観光

 

ブルージュとは

 ブルージュはブリュッセルから一時間くらいのところにあるベルギーの主要都市です。

 

ブルージュは”天井の無い美術館及び博物館”と称されるほど町全体が一つの芸術といえるような雰囲気を醸し出しています。

及びに北のベネチアともいわれるくらいイタリアのベネチアに似た雰囲気を持っています! 

ベルギー観光をする人はブリュッセルに行くのはもちろんですが、その他にどこに行くかとなったら訪れる観光地としてこのブルージュが候補に挙がります。アクセスも1時間の2本くらいの直通の電車があって、1時間くらいの所要時間で到着するので、ブリュッセルに滞在する人は、このブルージュも併せて観光するケースが非常に多いです

 

ブルージュ日帰り観光でもブルージュは十分満喫できる

  僕らもそんなブルージュ日帰り観光でした。

 

よくネットとかで「ブルージュはブリュッセルから日帰りで観光することができますか?」という質問を知恵袋や教えてGooに投稿している人をお見掛けすることがありますが、日帰り観光は可能です。

 

ブルージュでどのくらいの滞在時間がいいか、どのような観光スポットにどのくらいの時間を割きたいかなど人それぞれ自分の好みがあると思うので、一概に日帰り観光でブルージュを満喫できるとは断言できませんが、一日あれば主要な景色も全部見ることができるしブルージュ全体を歩き回ることも可能です。

 

 

北のベネチアは緑豊かな自然もある

 ブリュッセル中央駅からブルージュの駅まで電車で約1時間ほど。ゆらりゆられながら午前9時ほどにブリュージュに到着します。

 

ブリュージュ駅ではブリュージュのパンフレットがあったので、それをありがたくもらいました!これが非常に便利!絶対ブリュージュに行ったらパンフレットを駅で撮ることをおすすめします。

パンフレットはもちろんベルギー語?ドイツ語?まあフランス語ではない言語で書いてあるのでここにどのようなスポットがあってこれはどのような背景で成立したかなどのことは全く読めません。そういうのは地球の歩き方に頼るしかありません!

 

このパンフレットでよかったのは景色がいい絶景スポットがここだよ!って写真付きで明記されていたことです。天井のない美術館、博物館ってよばれているブルージュ、北のベニスと称されるブルージュ。絶景を楽しみにのこのこブリュッセルからきたのです。

 

ということでブルージュ観光はパンフレッドにのっている絶景スポット巡りを中心に歩いていくことにしました。

 

 

まずベギン会修道院に向かいます。

もう入り口から北のベニスっぽい雰囲気が満載ですね!ベネチアのようにいたるところに水がある!

 

これがベギン会修道院の近くから見える最初の絶景!青だけでなく緑がある。水だけでなく木などがあり自然が豊か!快適です。落ち着きますね!

 

ベギン会修道院から少し歩いたところで小休憩!

ベルギーの食べ物としてとても有名なフリッツをいただきます!

フリッツって何なの?って方。フライドポテトですよ。マクドナルドとかのフライドポテトをイメージしてもらえるとわかりやすいでしょうか。

 

ただあーいうジャンクフードとか味・食感が全然違います。このベルギーの定番の食べ物であるフリッツは、一度低温でジックリ揚げてから、もう一度高温でカラッと揚げてつくられています。つまりどういう味がするかというと、中がほっくりで外がカリッといういうかんじ。マックのポテトにはない食感ですよね。

 

日本ではフライドポテトにはケチャップをつけて食べることが多いですよね。しかしベルギーではマヨネーズをつけてフリッツを食べるのが定番です。ちょっとマヨネーズとフリッツは最初は抵抗がありましたが、うまいっす!合いますね~

 

 

 運河に沿って歩いているときに見れる景色最高!

 ブルージュの中心地にどんどん向かっていきます。これは聖母教会ですね。すごくとがった塔です。

こっから東の方に、運河沿いを歩いていきます。

 

ここの聖母教会と運河の組み合わされた景色は絶景ですね!!

 

なんか人形おいてあるよ、窓に!めちゃめちゃ気になったのが白い建物の女性の人形。なんでスカートめくれているんだよ(笑)

 

あんなかんじにボートに乗りながらブリュージュを観光したかったのですね。ボート乗り場は5か所で40分くらいで7ユーロとかいう情報。

 

 

ブルージュの中心には鐘楼が...!

 運河に沿って歩いて行ったあとは、ブルージュの中心地であるマルクト広場に向かいます。徐々に見えてきました...

きたぜ、マルクト広場

マルクト広場にはブルージュのシンボルである鐘楼があります。高さは83m!8€支払ってらせん階段を昇れば、ブルージュの市内を一望できるとか。ブルジョワになってから一望したいですね(笑)

 

市の中心部だけあってたくさんの観光客がこのマルクト広場にいます。マルクト広場にはレストランやビアガーデンなどがありますが、どれもかなり値段高いです。そりゃ当然ですよね(笑)

ランチだから安いだろって考えてこのへんで食べるつもりでいると痛い目に遭います。実際僕もまあ市の中心部だったらレストランとかたくさんあるだろうし、その中にはお手頃のお値段でベルギー料理を提供するレストランもあるだろと楽観視していましたが、ランチにしては高くて結局昼食べなかったです....

 

 

中心地から離れて風車を目指す!

 鐘楼があったマルクト広場からは東のほうに向かいます。

この辺のベンチで30分くらい昼寝していました。昼寝したくなるくらい気持ちがいい雰囲気!!

ブルージュの何がいいかって、ここ西洋の雰囲気と日本の和の雰囲気が融合したような空間であることなんですよね。

建物はもちろん西洋の建物です。でもそこに運河にみえるように水、そしてたくさんの緑。この豊かな自然はまさに日本の和において見受けられる景色です。

 

ヨーロッパにいるんだけど、日本にいるみたいな気もしてくる... ここにずっといたいなあって思うくらい快適なところ...それがブルージュ!

風車が見えます!聖ヤンハイス風車のほうは内部を見学することができます。17世紀には30基ほどあったらしいですが、いまは4基くらいしかないですね

これもブルージュなんですよね。サイクリングしている人もいれば、ベビーカーをひいしている母親も歩いています。なんて優雅なんだ...!!!

また市の中心地のほうに戻っていきます。

 

途中で小休憩。アフタヌーンティー!

いろんな店をみてまわったり...

 

最後はブルージュで夕食を...!

もちろんベルギー料理を食べたいよね。

これはwaterzooiとよばれるベルギー料理です。簡単にいってしまえばシチューみたいなもんですね。20€くらいしたのは財布に打撃を与えましたが、ベルギー料理をたべた満足感はあります。

フランス料理やイタリア料理に関して言えば、日本でもフレンチ、イタリアンなお店に行けば食べれるんですけど、ベルギーの郷土料理に関しては日本では食べることができないと思います。

とりあえず日本にないものは体験したいという欲求がありましたね。

 

 

ブルージュまとめ

 

・ブリュッセルいくならブルージュに絶対行こう!日帰りでも可能。もちろん2,3日間滞在してもよし!そのくらいの価値はある。

・駅でパンフレットもらっておくとブルージュのおすすめの絶景スポットわかるからおすすめ。

・お手頃価格でベルギーの郷土料理を食べることができるレストランは見つけにくい。フランス並みに料理は高いのでご注意を!

・ブルージュはレースが有名な町です。女の子はその点でもおすすめかな。値段は高そうでしたが、いたるところにレースを売っているお店があったのでウィンドウショッピングするのとかいいかも。

・ボート乗って観光するのも地上を歩いたときに見える景色と違った景色を見ることができると思うし、非常におススメだと!

 

 

ヨーロッパ旅行の中で一番良かった都市はどこですかって聞かれたら、ローテンブルクかブルージュって答えるくらいこの都市は好きです。

 

ブルージュの豊かな自然に触れると癒されますよ!!!