読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden Apple

都内の国立大学3年。現在タイの大学に1年間の留学中。ヨーロッパ旅行・東南アジア旅行・海外留学の記事多めかも。

髪をちょっと染めてみて感じた大きな利点!

〇読まれたい記事

初訪問者へ!「Golden Apple」で読んで欲しい10記事を紹介する!

スポンサーリンク

なんか「髪染めた?」っていろんなところから言われるというちょっと変な一か月間でしたね~

うん、そうです。髪染めました。
申し訳程度に笑

いやーよく気づきましたね。っていつも心の中で言っています。
たしかに太陽の光がまぶしいというときとかは、ちょっと茶色く見えますが、ふつうのときは黒っしょ。
ちょっと地毛が茶っぽい男の子でしょ!
って思っていました。

どうやら初めて染めた場合
「徐々に色が染まっていくみたい」なんですね。

年末に気づかれたっていうのはそうでもないですが、髪染めた次の日にある方に「髪染めた?」っていわれたこと、今思うと、すごいですわ。

人の変化には些細なことにも気づける人になりたいですね。


(今回はネタ回にしたいな)


 

ちょっと髪染めた理由

なんで今頃染めたの?ってきっと、誰にも思われていなさそうですが、書きたい!!
なんで、書く!!!


今しか染められないと思った!!
来年は就活だし 再来年はもう社会人だし
一般的にはね。


就活は黒でしょう!!そっちのほうが好印象だしー。
まあそんなの関係ないか。
社会人だって飲食店で働くわけじゃないです。リーマンですよ!バリバリ働かせていただきます!

まあもう一生染める機会を失うんじゃないかなって思っちゃったわけ!


そうなると、僕の「大学生しかできないこと」のカテゴリリストに
「髪染める」って行為がいつの間にかはいったね。

「大学生しかできないこと」
僕ひたすらやりたがります。
長期旅行とか。
まだ一回しかやっていないけど。

楽しいしやりたいってメッチャ思っているからやるっていうのはある。
でも、それいましなかったら一生後悔するよねって思う気持ちもある。

長期旅行は 前者:後者=8:2 かな?
髪染める   前者:後者=2:8
とかかも。

あんまやりたがっていないじゃん!!!
一人でツッコむ。


後悔はしないっしょ!バカじゃないの!って思った人
そうです僕はバカ。良く正解しましたね。


まあ結局はこの時期しかできないからやろうと思った!
ってこと。


あと、「染めたことない」ってレッテルぶっ壊したかった!!
ただただぶっ壊したかった。

それは「染めた」ことで得られるなんか称号的なサムシングがほしかったわけじゃない!

「染める」ことに対する恐怖に打ち勝ちたかったってこと。
勇気ないんですよ。基本的に。

一回そめちゃえば勇気なんてもう関係ないし。


染めたのがちょっとだったのは、ただビビっただけ。
というか、周りにどう見られたいかって結構二の次な感じあったかも


まとめ!


・「やったことないことによる恐怖」に打ち勝つため、染めるという体験をしてみた
・将来、染めなかったことヲ後悔する確率が0じゃなかったことで、染めたいって感じた
・周りにどう見られたいというより自分の克服だったかも



いやーどうでもいいな、これ
記事の需要ないわ笑

でも、染めてみて意外な利点に気づいちゃったわけです。


 

癖っ毛がめちゃくちゃ改善!

癖っ毛がけっこう改善した!!
癖っ毛がかなり改善した!!!

言い方変えてみた。

僕めちゃめちゃ癖毛でした。染める前。
朝起きて
ブラシで髪をとかしてもそんなのはまったくびくとしない。一時的に整うわけ。
ゆるま湯も正直、時間がたったら髪も元の癖毛感をとりもどす...

厄介なんだよね、こういうの
髪がちょっと硬いから起こる現象

「寝る前ちゃんと髪乾かした?」ってきかれてるかもね、でも寝相悪いから、朝寝ぐせが立つのは不可避


そんな感じの髪、染めてみて変わった。
たしかに。
やわらかくなった気がする。

朝ブラシでどうにかいけるくらいまでに、硬い髪はかわったよね。

正直、こんなことおこるなんて思ってもみなかった。
想定外!
想定外だから、ちょっとうれしくなったよね。


ここで調子乗り出すかもしれない!!

ちょっと茶色にしたから今度はがっつり茶にしよう。

がっつり茶にしたら、次は金髪だよ、やっちまえ!

ここでやっと登場。中学の卒業アルバムです。


金髪ありやんけ!堂々の2位にランクインしている!!!

さらに調子乗るか!!あり!




やんないです。正直言っちゃうと、この写真使いたかっただけ。
そのためにこんなめちゃくちゃなもん書いたんよ!!(笑)

以上です。
では

p.s.

(今回はまじでブログが変な方向にいきまくったな。ときにはあり。)